東芝情報システム株式会社

コストパフォーマンスの高いHILSを一人一台で 「M-RADSHIPS」 用途

M-RADSHIPSは、MATLAB/Simulinkで作成したモデルのコードを取込み、実際の信号をリアルタイムにシミュレートさせることができます。
実機レスでの開発が可能となり、開発効率や品質向上、工期短縮効果が得られます。また、さまざまなツールとの連携が可能であり、リアルタイムシミュレーション環境を構築することが可能です。

M-RADSHIPS等 資料請求

活用イメージ

活用イメージ

M-RADSHIPS HSE を活用した ADAS シミュレーション環境

  • CarSimと連携したドライビングシミュレータ機能を活用し実車レス検証環境を実現
  • ドライビングシミュレータ機能により運転パターン(テストシナリオ)をリアルタイムに入力可能
  • HSEを制御モデルとして加えることで、フォールトインジェクションなど実際には難しい検証も可能

* ADAS:先進運転支援システム

シミュレーション環境

『CarSim連携 「M-RADSHIPS CarSim Option」』の詳細を見る


M-RADSHIPSやモデルベース開発に関する詳細な資料とお問い合わせ
  • モデルベース開発への移行を検討するための概要資料
  • M-RADSHIPS概要資料

などの資料請求ができます。

デモや導入相談・レンタル相談も承っております。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く