東芝情報システム株式会社

MATLAB/Simulinkモデルビューア「SimModelViewer」

SimModelViewer はインテグレーションテクノロジー社の製品です。
MATLAB/Simulink/StateFlow にて作成されたモデルを、Simulinkアプリケーションなしで閲覧できます。
SimScape などの Toolbox を使って作成されたモデルでもリンク切れを起こすことなく表示できます。

こんな方におすすめ

  • 検証、評価フェーズでレビューだけ実施したい方
  • モデルベース開発を始めて拡大していきたい方

SimModelViewer 特長

Simulink なしでモデル参照可能

Simulink と同じような感覚でモデルを閲覧可能。高額なライセンスが無くてもモデルを参照できます。

Simulink なしで参照
モデル内変数の一括管理可能

モデル内に存在する変数を抽出し、Mファイルに変換できます。

モデル内変数の一括管理可能

SimModelViewer 機能

モデルの読込 SLXファイルを読み込んで表示します
モデル構成の保存 読み込んだモデルの構成をCSVファイルに保存します
ブロックデータの表示 選択中のブロックの全設定値について一覧で表示します
コンフィグ設定画面 モデル内の全てのブロックについて表示します
コンフィグ設定/数値設定 ブロックに設定されている変数に対して数値を入力できます
コンフィグ設定/Mファイル 変数に対する数値についてMファイルに保存します

ソフトウェア環境

オペレーティングシステム

Windows 7/8/8.1/10 および Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2

ランタイム

Visual C++ 2015 Update 3
Microsoft.NET Framework 4.5.2以上

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く