東芝情報システム株式会社

ミドルウェア

画像認識ミドルウェア 「CVNucleus シリーズ」

画像認識ミドルウェア 「CVNucleus™ シリーズ」 製品紹介

距離計測:Stereo Vision

左右平行に設置された2台のカメラ(以下、ステレオカメラ)から取得した2枚の画像より、画像内の指定領域までの距離を計測することができます。
ステレオカメラで撮影された画像と各種設定パラメータを与えることにより、ステレオカメラが設置されている位置を基準として、指定した領域までの光軸方向の距離を求めることが可能となります。

距離計測:Stereo Vision

物体認識:Object Detection

カメラから取得した画像より、任意の物体を認識することができます。
CoHOG特徴量に基づく物体認識を行います。事前に登録された物体を辞書データとして用意することで、人物などの物体を画像内より検出することが可能です。その際、Visconti™2に搭載された各種ハードウェアアクセラレーターを用いることで高速かつ高精度な物体認識を実現しています。

物体認識:Object Detection

移動体検知:Moving Object Detection

カメラから取得した連続画像より、移動体を検知することができます。 フレーム間差分を抽出することにより、移動体を検出し、移動体の位置と移動方向を 求めることが可能となります。

移動体検知:Moving Object Detection

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く