東芝情報システム株式会社

画像認識ミドルウェア 「CVNucleus® シリーズ」

Visconti™に最適化した画像認識ミドルウェア
CVNucleus (シーヴィニュークリアス)

CVNucleus 画像認識ミドルウェアの3つの特長

カメラに入力された画像から特定の物体を検知したり、物体までの距離を計測したり、移動体を検知することが可能です。

  1. 距離計測:Stereo Vision

    ステレオカメラから取得した2枚の画像により、指定領域までの距離を計測

    詳しくみる

  2. 物体検知:Object Detection

    カメラから取得した画像により、任意の物体を検知

    詳しくみる

  3. 移動体検知:Moving Object Detection

    カメラから取得した連続画像により、移動体の位置と移動方向を検知

    詳しくみる

使用例

CVNucleusシリーズの技術を使用すると、距離計測物体検知を組み合わせることで、カメラ画像に表示されている人物までの距離を検出することができます。

画像認識イメージ

CVNucleus 画像認識ミドルウェアの概要

CVNucleus 画像認識ミドルウェアは、画像認識プロセッサ Visconti™ に最適化された、Visconti™ 上で動作するNon-OSのミドルウェアです。距離計測物体検知移動体検知ができます。車載向けをはじめとして、監視カメラ、デジタルサイネージ、動線分析などさまざまな分野で、くらしの安全や利便性の向上に貢献しています。

Visconti™について

Visconti™ファミリーは、カメラからの入力映像を画像処理した後に、人・顔・手・車両などの対象物とその動きを検出して、検出結果を出力する東芝デバイス&ストレージ社の画像認識プロセッサです。Visconti™の詳細情報は下記リンクをクリックしてご覧ください。

画像認識プロセッサ Visconti™ [東芝デバイス&ストレージ株式会社]

CVNucleusの製品紹介をみる

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く