東芝情報システム株式会社

ミドルウェア

画像認識ミドルウェア 「CVNucleus シリーズ」

画像認識ミドルウェア 「CVNucleus™ シリーズ」 開発環境

ミドルウェア構成

ミドルウェア構成

辞書データ:サンプル版をご提供する予定です。別途ご相談ください。

当社がご提供させて頂く画像認識ミドルウェア以外に下記をご購入して頂く必要があります。

  • ViscontiTM2 SDK (Software Development Kit)

※ 詳細に関しましては、以下をご確認下さい。

お客様にはアプリケーションのみ開発して頂く必要があります。

当社提供物

  • バイナリコード
  • ユーザーズマニュアル

ハードウェア構成(開発環境)

ハードウェア構成(開発環境)

ViscontiTM2リファレンスボードをご購入頂いた上で、お客様にてご用意頂くハードウェア環境は以下となります。

JTAGエミュレータ・デバッガ
  • JTAGエミュレータ
  • JTAGケーブル
  • WATCHPOINTデバッガ

※ 詳細に関しましては、以下をご確認ください。

映像入力機器
  • カメラ(距離計測:2台、物体認識/移動体検知:1台)
  • NTSCケーブル(ボード側:NTSC規格、カメラ側:カメラに準拠)
映像出力機器
  • ディスプレイ
  • DVIケーブル(ボード側:DVI規格、ディスプレイ側:ディスプレイに準拠)
開発PC環境
  • 開発用PC(LINUX)
  • USB2.0/1.1ケーブル

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く