東芝情報システム株式会社

フォーマル検証 導入サービス

東芝情報システムでは、Cadence® Jasper™ RTL Appsを活用するためのフォーマル実行環境を提供しています。自社のフォーマル検証環境をお持ちでない方、よりよい環境をお探しの方は下記問い合わせフォームよりお問い合わせください。

導入支援サービスイメージ

導入サービスは、以下のようなお悩みをお持ちの方に最適なサービスです。

こんなお悩みはありませんか?

  • フォーマル検証を実施したいが、環境を一から作成する時間が取れない
  • 環境はあるが、Jasper 最新機能へ追従できていない
  • 各自が環境を構築しているので品質にばらつきが出る
  • 一部の機能しか使ったことがない、他の機能も使ってみたい
  • 実行結果のチェックに時間や手間がかかっている
  • SVAをうまく書けない、どう書けばよいかわからない

Formal導入環境の概要とメリット

Formal導入環境の概要とメリット
Cadence提供物 当社導入環境 メリット
マニュアル
  • 英語のユーザーガイド
  • 英語のリファレンス
  • 日本語の実行手順
  • 日本語マニュアル
  • 導入時/新規作業時に実行コストを下げる
実行条件変更
  • 小規模サンプルを入手し
    エンジニアが改善を実施
  • configの追加で条件を変更して実行可能
  • 環境は変更せずにOK
  • 実行の条件を変えたい(抽象化、ブラックボックス化・・・)にスクリプトの変更が不要
  • 条件をconfigに記載するだけで実行可能
  • DUTごとに管理
実行結果
  • JasperのGUIやレポートコマンドを使用して結果を目視確認
  • 自動計算
  • 自動集計
  • 独自レポート作成
  • 実行後の各種チェックの自動化
  • レポート作成の字塚
  • 実行ばらつきの軽減
機能拡張
  • JasperのApp毎にエンジニアが拡張を実施
  • 総合環境
  • Jasperの各Appが同じ環境で実行可能
  • 設計から検証まで同じ環境で作業が可能

導入環境のイメージ

導入環境 イメージ
  • 用意して頂くものは RTL/SVA+Listファイルとconfigファイルのみ
  • 1つの環境で各APPを実行可能 make DUT=Module名 MODE=SUPERLINT/FPV/COV/...
  • 実行結果が自動的にRedmine/Excel フォーマットにまとめられた形で出力
  • 見逃しがちな疑似Provenも自動判定され、結果ファイルへ出力
  • プロパティの証明状況を認識し、効率的な実行を行います

※Cadence® Jasper™ RTL Appsのライセンスは各社様でご用意して頂く必要があります。

ご相談、お問い合わせ

フォーマル検証の教育、導入のご相談はこちらからお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。当社の製品・サービスは企業・団体・法人様向けに販売しております。

電話番号044-200-5300

コロナ禍のため、電話対応が難しい場合がございます。
[お問い合わせ]ボタンから問い合わせください。