東芝情報システム株式会社

風向風速IoTセンサー「anemolink®-2D」

anemolink™-2D 概要

風を見える化し、データにする 風向風速IoTセンサー「anemolink™-2D」

anemolink(アネモリンク)は、エレクトロニクス技術と AI 技術を融合させた、環境計測に役立つ 風向風速 IoT センサーです。
風向風速の可視化やデータ化は手間がかかります。 anemolink-2D を使うと製造ラインや空調管理の場において、手軽で簡単に風向風速を計測できます。

開発プロセスはこちら

このような課題はありませんか?

このようなシーンでご利用いただけます

製造ラインのエアフロー改善に

クリーンルームや塗装ブースなどエアフローの管理が求められる製造現場での計測に適しています。
人の出入りや製造装置の入れ替え、レイアウト変更などの影響を受ける場所のエアフローを管理することで、製造物の品質向上や歩留まりの改善などに役立つ データを収集できるようになります。

オフィスや学校、コミュニティスペースの快適さの評価に

効率性や生産性、快適性が求められるスペースでの空気環境の見える化に適しています。
オフィスや学校など、密な空間で生まれやすい局所的な空気のよどみを常にモニタリングすることで、不快感などの見えない不安要素を軽減させる快適な空間作りをお手伝いします。
また、オプション機能によりCO2濃度を計測することで、環境改善が期待できます。

大人数が集まる商業施設での換気管理に

多くの人が集まる施設での空気環境調査に適しています。換気状況や換気設備の設置の確認をすることで、「換気の悪い密閉空間」を改善する取り組みをお手伝いします。
またオプション機能を使ってCO2濃度を計測できるので、空気環境の適切な維持が期待できます。

ご相談、お問い合わせ

anemolink-2D ご購入のご相談はこちらからお問い合わせください。

※anemolink-2D は、個人ユーザ様への販売はしておりません。

お気軽にお問い合わせください。当社の製品・サービスは企業・団体・法人様向けに販売しております。

電話番号044-200-5300

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く