東芝情報システム株式会社

ESEC2015 第18回「組込みシステム開発技術展」展示会報告(パネル資料をダウンロードできます)

2015年05月27日

東芝情報システム株式会社

東芝グループブースに、多数ご来場いただきありがとうございました。

会場では、実際に皆様とお話させていただき、多くの視点から貴重なご意見をいただくことができました。
改めて感謝を申し上げるとともに、東芝情報システムのソリューションが皆様の業務のお役に立てれば幸いです。

展示した製品・ソリューションでご不明な点やご興味などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

以下では、展示会で使用したパネル資料をダウンロードできます。

TOSHIBAグループブース

開催概要

ESEC2015 第18回「組込みシステム開発技術展」 開催概要
会期 2015年5月13日(水) ~ 15日(金)
開催時間 10:00 - 18:00(15日は、17:00まで開催)
会場 東京ビッグサイト 西展示棟
ブース位置 東芝グループブース 小間番号: 西12-70
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社

展示パネルの紹介

画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。
画像の下の[PDF/***KB]をクリックするとファイルがダウンロードできます。

IoT

1.故障診断予測ソリューション
920MHz対応ボードを利用したセンサーネットワークとMahoutによる故障診断予測を行い、機器の故障管理システムを紹介しました。

ARウェアラブル

1.拡張現実
画像処理技術とAR技術を組み合わせて、手の動きで必要な情報を提供するデモを実演しました。

画像処理

1.Visconti2を使用した形状認識
ステレオカメラでVisconti2による形状認識と位置の特定(距離計算)を実演しました。

コンテンツ保護

1.コンテンツ保護対応ミドルウェア(SeeQVault)
SeeQVaultに対応したソフトウェア「CPNucleus SeeQVault TS Self-Enc」を提供します。
SeeQVaultとTransferJetによるコンテンツの高速転送とセキュリティを紹介しました。

SeeQVault対応 コンテンツ保護ミドルウェア

モデルベース

1.モデルベース開発 Cloud サービス 「M-RADSHIPS Cloud」
モデルベース開発におけるクラウドサービスを提供。
【2015年5月から評価版サービスを開始】

モデルベース開発クラウドサービス

2.リアルタイムシミュレータ 「M-RADSHIPS High Speed Edition」
シンプルでコストパフォーマンスの高いシミュレータです。
【2015年7月からHigh Speed Edition(高速版)を提供開始】

リアルタイムシミュレータ 「M-RADSHIPS」

開発ツール

1.オープンソース・ライセンス統合管理 「Black Duck Suite」
Black Duck Suite製品群を紹介しました。オープンソースの管理、コンプライアンス、およびセキュリティ上の課題に対処いたします。

オープンソース・ソフトウェア総合管理 「Black Duck Suite」

アナログデバイス

1.プログラマブルアナログデバイス「analogram」
LSIにあらかじめ内蔵されたアナログコアをユーザが切り替えることで、オリジナルのアナログLSIを開発可能。開発期間の短縮やトータルコストを低減します。

analogram (2016年度Q1 販売開始予定)

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く