東芝情報システム株式会社

HACCP の温度管理の3つの課題を解決する方法

HACCP に対応するため、スーパーマーケット、飲食店、給食施設などでは、食品冷蔵の温度管理を実施しなければなりません。
現状、温度管理のやり方として、店舗内にある各売り場のショーケースに温度計を設置し、目視で温度を確認後、冷蔵庫などの温度管理表に記入していませんか?

スーパーの現状

HACCP 対応の温度管理の3つの問題点

このような形でHACCPの温度管理を実施した場合、下記のような3つの問題点が発生します。

1.現場の負担増・抜け漏れ発生

現場負担

現場の担当者によるメモ・確認業務となるため負担が増えるだけでなく、抜け漏れの発生など管理ミスの発生にも繋がりかねません。

2.温度管理表の集約作業

人手によるミス

現場の担当者が作成した温度管理表を集約しまとめる作業が必要になります。これも手間ひまがかかります。

3.データの保管・提示

管理の煩雑化

HACCPの査察官から「xx年x月x日のデータを見せてください」と言われた時、すぐにそのデータを開示することができません。探し出すのに手間ひまがかかります。

HACCP 対応の温度管理の3つの問題点を解決する具体策

この3つの問題を解決するのが、「HACCP向けスーパー食品温度管理システム」です。下図のようなシステム構成で、人による温度管理の業務を大幅に削減します。

スーパーマーケットだけでなく飲食店、給食施設など幅広い分野で食品の温度管理をカバーできます。

システム構成図

「HACCP向けスーパー食品温度管理システム」の導入メリット

1.いつでもどこでも確認

温度計を設置して、24時間リアルタイムに温度を計測しクラウド上に保存。必要なときにスマホ、パソコン、タブレットなどで、いつでもどこでもすぐに見たい場所の温度を確認することができます。

2.異常発生はメール通知

もし冷蔵庫、冷凍庫などの温度に異常が発生した場合は、担当者にメール通知されます。そのため、他の業務をしていても、異常にすぐに気がつき、対処できます。

3.温度管理の日報・月報作成

面倒な温度管理の日報・月報もシステムが自動的に作成してくれます。見たい年月日を指定すればすぐに作成できます。

導入メリット

さらに詳しい資料やコスト比較

「HACCP向けスーパー食品温度管理システム」に関するご案内や、導入相談、お見積り依頼などのお問い合わせをお受けしております。

HACCP対応 温度管理システム概要資料

HACCP対応 温度管理システム概要資料

HACCP向けスーパー食品温度管理システムの詳細を紹介します。システムを導入した場合のメリットや詳しい機能についてご紹介します。

HACCPとは何か

HACCPとは何か?
概要・義務化の理由・罰則・手順と原則を解説

HACCPの概要や義務化の理由、罰則・手順と原則について解説したHACCPの入門資料です。

見積依頼

「HACCP向けスーパー食品温度管理システム」のお見積りをお受けしています。
担当者による手動の運用とのコスト比較にお役立てください。

導入のご相談、お問い合わせ

「HACCP向けスーパー食品温度管理システム」、ご相談はこちらからお問い合わせください。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く