東芝情報システム株式会社

IoT接続基盤 「NetNucleus® Cloud Hub」

NetNucleus(ネットニュークリアス) Cloud Hub(クラウドハブ) は、既存のインターネット回線を利用し、組込み機器のリアルタイム遠隔制御(双方向通信)を実現する、『簡単』、『安全』、『低コスト』なIoT接続の仕組み(ソフトウェア)です。

ユースケース 1 : FA機器操作の遠隔サポート

FA機器操作のサポートを現地に行かずに遠隔で行うことができます。
画面共有し、遠隔操作でトラブルを解決。保守にかかる費用を抑えることができます。

(ユースケース1) FA機器操作の遠隔サポート

ユースケース 2 : OA機器のリモートメンテナンス

複合機、プリンタやその他 OA機器のメンテナンスを、現地に行かずに遠隔で行うことができます。
ファームウェアの更新や設定変更、サプライ情報の収集をリアルタイムに行えるため、保守にかかる費用を抑えながら、タイムリーなメンテナンスを提供することができます。

(ユースケース2) OA機器のリモートメンテナンス

ユースケース 3 : ネットワーク家電の宅外操作

宅内にある家電の操作を、外出先からリアルタイムで操作を行うことができます。
エアコンを帰宅直前に操作する他、ペット向け見守りカメラの操作などにも応用可能です。
本ソフトウェアを家電に直接実装することで、ホームゲートウェイ無しでもシステムを構築することができます。

(ユースケース3) ネットワーク家電の宅外操作

特長

低コストで運用可能な IoT接続基盤
  • 専用回線や VPN が不要。既存インターネット回線活用により通信コストを削減

  • サーバの省リソース化とスケーラビリティを両立し、サーバ コストを削減
    • ロードバランサを用いず、接続調停サーバとブローカーサーバを分離した設計
    • ブローカーサーバの増減により、小規模から100万台超接続にも対応する柔軟なスケーラビリティ
    • AWS:m3.medium(1vCPU,MEM:3.74GB))×1台で、12万台同時接続を実証済み
接続容易性とセキュリティの両立
  • 通信方式に WebSocket を採用。インターネットを経由した双方向通信を可能にし、組込み機器のリアルタイム遠隔制御を実現

  • Firewall の設定変更不要。ユーザ・機器認証機能、TLS(Transport Layer Security)の採用によりセキュリティを確保

  • 既存システムの認証機能との連携も可能

プラットフォームを選ばず適用可能
  • サーバ側:AWS/Azure等、環境を選ばず適用可能

  • 機器側:さまざまな組込み機器に、エージェントソフトを実装可能(C言語)

対象機器

  • OA機器
  • FA機器
  • 産業機器
  • 医療機器
  • 家電

提供メニュー

パッケージ提供
  • 機器側:エージェントソフト
  • サーバ側:中継ソフト
環境構築
  • クラウドサーバ構築
  • 組込み機器へのエージェントソフト移植
カスタマイズ
  • 既存システムとの連携等

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く