東芝情報システム株式会社

Bluetooth認証の必要性とSIG認証のための工数・費用の削減する方法とは?

Bluetoothの認証の必要性とSIG認証のための工数・費用の削減する方法とは?

Bluetooth認証(SIG認証・BT認証)とは?

「Bluetooth対応」と表記するために必要

Bluetooth認証(SIG認証)とは、開発している製品が「Bluetooth対応製品」であることを表記するために必要な認証です。この認証を取得しなければ、Bluetooth対応製品であることを製品に表記することや、Bluetoothマークを使うこともできません。
そのため、Bluetoothを使った製品を開発して販売する際には、必ず、Bluetooth認証が必要になります。BlueZ などフリーのBluetoothスタックを活用して開発した場合は必須です。

BlueZ とは、Linux で活用されている標準的なフリーの Bluetoothスタックです。"ブルーゼット"、"ブルズ"などと呼ばれています。Linux 2.4.6から正式採用となりました。

Bluetooth認証(SIG認証・BT認証)の 3つの課題

1. 時間・費用がかかる
 

時間・費用がかかる

Bluetoothの開発では、プロファイル・プロトコルを複数利用しますが、それぞれに対し、テストして認証を取る必要があります。テスト環境の構築からテストプログラムの開発・テストの実行にエンジニアの工数が必要になり、その結果、最短でも3ヶ月程度かかることがあります。
またテストの実行には、PTS ( Profile Tuning Suite )の購入も必要となります。

2. SIG認証を支援してくれる会社
が見つからない

SIG認証を支援してくれる会社が見つからない

BlueZ でBluetooth製品を開発したが、SIG認証のノウハウがありません。SIG認証取得を支援してくれる会社がなかなか見つからず困っています。このままでは、製品リリースが遅れてしまうことも考えられます。

3. Bluetoothの
専門知識が必須

Bluetoothの専門知識が必須

認証を取得するためには、プロファイル・プロトコルの仕様に関するより専門的な知識が必要になります。開発はできても、認証テストを行うことが困難になることがあります。複数のプロファイル・プロトコルが存在するため、ノウハウ不足が大きな課題になっています。

3つの課題を解決する2つの選択肢

3つの課題を解決するには、2つの選択肢があります。

  • SIG認証取得済み Bluetoothスタックを採用する

  • SIG認証取得の支援ができるところに相談する

Bluetooth

当社では、ご事情にあわせて最適な方法をご提案しています。SIG認証でお困りの場合は、当社までご相談ください。

解決策1 SIG認証取得済み Bluetoothスタックを採用する

認証取得済み Bluetoothスタック を利用すれば 登録のみで OK!

SIG認証取得済み Bluetoothスタックを利用することで、面倒なSIG認証のためのテストなどを省くことができます。

NetNucleus (ネットニュークリアス) BT」は、Bluetooth開発が短期間で簡単におこなえる組込み向けBluetooth SDK です。「NetNucleus BT」を活用して開発すれば、新たにSIG認証を取る必要がありません。

NetNucleus® BT 特長

  • SIG認証済み Bluetooth SDK

  • Bluetooth 5.0(Classic、Low Energy)、iAP2 にも対応

  • チップセットに依存せず、どのメーカーのモジュールでも使用可能

  • 全世界で車両機器を中心に1000万台以上の実績

  • SIGプロモーターである東芝が開発

解決策2 SIG認証取得の支援ができるところに相談する

高い技術力をもつ専門チーム が SIG認証 を支援

安心のサポート

当社では国内の高い技術力をもったBluetooth専門チームがSIG認証取得を支援します。BlueZ などを活用して開発されたBluetooth製品を対象に、SIG認証取得まで技術的支援を行います。

時間とコストの比較

認証にかかる時間の比較 「NetNucleus BT」/ SIG認証取得

「NetNucleus BT」で開発した場合と、SIG認証取得のためのテストを実施した場合でのSIG認証にかかる時間の比較

「NetNucleus BT」とSIG認証取得での認証時間の比較

「NetNucleus BT」で開発すれば、SIG認証は登録作業だけです。
面倒な認証のためのテストなどは必要ありません。

開発費用の比較(認証・登録まで) 「NetNucleus BT」/ BlueZなどのフリーソフト

「NetNucleus BT」で開発した場合と、BlueZなどのフリーソフトを利用した場合での開発費用の比較

「NetNucleus BT」とBlueZなどのフリーソフトでの開発費用の比較

開発後の費用(認証・登録後) 「NetNucleus BT」/ BlueZなどのフリーソフト

「NetNucleus BT」で開発した場合と、BlueZなどのフリーソフトを利用した場合での開発後にかかる費用の比較

「NetNucleus BT」とBlueZなどのフリーソフトでの開発後費用の比較

上のグラフは、いずれも時間と費用の大まかな目安です。開発規模、製品出荷台数によって変動します。

SIG認証済み 「NetNucleus BT」を活用する方が工数を大幅に削減できます。今後のBluetooth開発を効率化し製品の上市サイクルを早めるためにも、NetNucleus BTの活用をご検討ください。

ただし、出荷台数によりSIG認証取得支援サービスの方がコスト削減できることもあります。

Bluetooth 認証 お問合せ

Bluetooth 認証に関するご案内や、導入相談、お見積り依頼などのお問い合わせをお受けしております。

「SIG認証済みのNetNucleus BT」「SIG認証取得支援サービス」の比較検討のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

認証取得済み Bluetoothスタック 資料

Bluetooth開発の工数を短縮するSDK「NetNucleus BT」の構成や適応分野、サポートメニューがわかるリーフレットです。

NetNucleus BT お問い合わせ

Bluetooth開発の工数を短縮するSDK「NetNucleus BT」の導入相談やお問い合わせをお受けしております。

SIG認証取得支援 比較検討・ご相談

「NetNucleus BT」、「SIG認証取得支援サービス」の比較検討など、ご相談はこちらからお問い合わせください。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く