東芝情報システム株式会社

「第3回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア」出展のご案内

終了 本セミナーは終了しました。ご参加いただきありがとうございました。

、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(東京) にて開催されます「第3回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア」に出展します。自動運転に向けた機能安全・セキュリティ技術を紹介します。この機会にぜひご来場賜りたくご案内申し上げます。

出展概要

名称 第3回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア
会期

2018年2月22日(木)09:30~17:50(受付開始:09:00)
2018年2月23日(金)09:30~18:30(受付開始:09:00)
展示会:10:30~17:30

会場

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
東京都千代田区 神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ 2F

参加料

無料(事前登録制)

株式会社インプレス

展示会の詳細は 主催者のサイトをご確認ください。
第3回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア
[株式会社インプレス]

セミナー内容

セミナー会場では、当社 三島によるセミナーをおこないます。

2月22日(木)
13:05 ~ 13:35
A 会場

ラピッドプロトタイピングのすすめ
~ラピッドプロトタイプを活用したモデルベース開発の事例紹介~

講師: エンベデッドシステム事業部 主幹 三島 隆司

MATLAB/Simulinkを活用したモデルベース開発は定着し始めている。早期にシステムの妥当性を検証する方法としてラピッドプロトタイプがある。本セミナーでは複数のシステムで構成された制御システムや画像認識システムを例にMALABを活用したラピッドプロタイプについて利点、課題などを紹介する。

セミナー内容については、都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

出展内容

車載向け製品開発の課題解決手法である「モデルベース開発」の検証工程で活用する「一人一台」をコンセプトにしたコストパフォーマンスの高いHILSと東芝製画像認識プロセッサ Visconti™システムインテグレータとしての取り組みをデモを交え、ご紹介させていただきます。

リアルタイムシミュレータ(HILSツール) 「M-RADSHIPS」

一人一台をコンセプトにしたHILSシミュレータ

リアルタイムシミュレータ(HILS) 「M-RADSHIPS」

Visconti™システムインテグレーション

Visconti™ SIerとしての取り組みの紹介

Visconti™ システムインテグレーション

出展内容については、都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く