東芝情報システム株式会社

ランタイムエラー診断サービスの優位性

字句解析と構文解析に加えて、抽象シミュレータにより意味を解釈

静的解析ツールでは発見しづらいランタイムエラーも高精度で検出します。

実行パスを抽象化することで、動的解析では時間がかかる全実行パスの解析を高速に実行します。

字句解析と構文解析に加えて、抽象シミュレータにより意味を解釈

関数間解析により、関数呼び出しの過程で発生する問題を検出

関数呼び出しの際の引数と戻り値の値範囲を受け渡すことで、関数呼び出しに跨る問題を検出します。

引数、戻り値にポインタが使用された場合もポインタの先まで追跡して問題を検出します。

関数間解析により、関数呼び出しの過程で発生する問題を検出

実行時メモリシミュレーション

プログラム実行時のメモリの状態をシミュレーションして、変数の値範囲に起因する問題を検出します。

ポインタが指し示す先のデータを解析して、メモリアクセスに纏わる問題を検出します。

グローバル変数、ローカル変数も関数間で共有します。

実行時メモリシミュレーション

コールツリー単位で解析

エントリポイント配下の全ての関数を一括して解析します。

ソースコード1本、関数1個からの解析も可能、ただしなるべくコールツリー単位での解析を推奨します。

コールツリー単位で解析

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く