東芝情報システム株式会社

ランタイムエラー診断サービス

組込みソフトウェア開発向けソリューション

当社独自の解析技術により、コードレビューや静的解析ツールでは発見しづらいランタイムエラーを高精度で検出します。

point1
プログラム実行を模擬し、ランタイムエラーを高精度で検出
point2
ソースコードとビルド環境の情報だけで診断を実施
point3
ご要望の場合、検出したランタイムエラーを当社専門チームが分析・診断

特長

プログラム実行時のメモリ状態をシミュレーションするなど、当社独自の解析技術を適用することにより、ソースコードレビューや一般的な静的解析ツールでは発見することが困難な、さまざまな種類のランタイムエラーを、非常に高い精度で検出することができます。

特長

サービスの概要

お預かりしたソースコードとビルド環境の情報をもとに、当社開発の解析ツールを実行して、検出したランタイムエラーを報告します。また、当社専門チームによる分析のご依頼を頂いた場合、解決策の提案をまとめた分析レポートを提供します。

サービス概要
対象言語
C言語 (コンパイル・リンクエラー修正済みのソースコードをご用意ください)
実施タイミング
単体~結合検査工程(ソースコードをFIXした段階での診断を推奨します)

基本診断

当社ツールで検出したランタイムエラーをリストにまとめてご提供します。

期間

2日~

診断レポート内容

警告リスト

詳細診断

当社ツールで検出したランタイムエラーと当社専門チームによる分析結果のレポートをご提供します。

期間

2週間~

診断レポート内容

警告リスト
分析レポート

カスタム診断

お客様のご要望に合わせた診断を実施します。

【診断例】
  • LSB変換ミスのチェック
  • 車載分野で実施されている演算チェック
  • 解決策の提案や改修の支援など
期間

2週間~

診断レポート内容

お客様のご要望の様式に対応

ランタイムエラーの検出例

以下の1行は、符号なし8ビットの変数(値域 0~255)に即値 1,000 を代入しているソースコードの事例です。
文法上は全く問題ありませんが、値の切り捨てが発生して代入先の変数が不正な値になるため、ランタイムエラーの原因になります。

unsigned char cMax = (unsigned char) 1000;

文法の誤りがないため、コンパイラや静的解析ツールでは、この問題箇所を検出することはできませんが、当社サービスでは、ランタイムエラーの原因として検出することができます。

お気軽にお問い合わせください。当社の製品・サービスは企業・団体・法人様向けに販売しております。

電話番号044-246-8320

コロナ禍のため、電話対応が難しい場合がございます。
[お問い合わせ]ボタンから問い合わせください。