東芝情報システム株式会社

技術情報誌『Wave』

技術情報誌「Wave」 Vol.23 特集『セキュリティソリューション』 ( 2018.5発行 )

技術情報誌「Wave」 Vol.23 特集『セキュリティソリューション』 ( 2018.5発行 )

Vol.23 では、機密情報ファイルを自動で暗号化するソリューション、組込み機器のソフトウェアを保護するツール、IoTセキュリティ市場の新たな製品提供の取り組みなど、当社の多岐にわたるセキュリティソリューションを紹介します。

特集『セキュリティソリューション』

※ 以下のPDFファイルは別ウィンドウで開きます。

  • 1. 社内で磨いた技術をいち早く提供しお客様からの期待に"プラス1"で応えます
    (常務取締役 技術マーケティング部 部長 長田 茂)

    全文 [PDF/320KB]

  • 3. 20年培った技術と経験をもとに新商材発掘・提供でさらなる成長を
    (SIソリューション事業部 石川 宏)

    全文 [PDF/521KB]

  • 4. IoT領域におけるセキュリティ対策で高度化するサイバー攻撃の脅威に対応
    (SIソリューション事業部 三ヶ月 一弘、渡邊 健一)

    当社はセキュリティ製品やソリューションを提供してきましたが、昨今のサイバー攻撃における脅威はこれまでのIT(情報技術)領域だけに留まらず社会インフラや製造設備にも及んでいます。こうしたOT(制御技術)領域でのセキュリティ意識やニーズの高まりを受け、当社でもIoTセキュリティ市場の新たな製品を提供できるよう取り組んでいます。

    全文 [PDF/1.00MB]

  • 6. セキュリティ対策機能を重視したクラウド対応統合資産管理サービスを提供
    (SIソリューション事業部 藤井 文治)

    多くのIT資産管理ツールが存在する中、導入企業53 ,000社以上と高いシェアを誇るのが、「ISM CloudOne」です。IT資産の管理はもとよりセキュリティ対策に注力した点が特徴のクラウド型のサービスです。当社は「dynaCloud iSM powered by ISM CloudOne」として販売しており、手の甲静脈認証「VP-ⅡX」を用いた入退室管理システムと組み合わせることで、情報セキュリティの確保だけでなく勤怠管理としても活用でき適切な労務管理を実現します。

    全文 [PDF/837KB]

  • 8. 機密情報の流出を自動で「探して」「守る」情報漏えい対策ソリューション
    (SIソリューション事業部 山本 崇史)

    当社は、個人情報などの重要・機密情報ファイルを見つけて自動で暗号化するソリューション「Secure Protection(セキュアプロテクション)」を販売しています。釧路市では、自治体情報システムのセキュリティ対策強化に本製品を導入し、職員の負担がほとんどない運用で情報流出・紛失への対策を実現しています。

    全文 [PDF/758KB]

  • 10. 改ざん検知やコードの難読化で組込み機器のソフトウェアを保護
    (エンベデッドシステム事業部 関根 正騎)

    IoTの進展によって組込み機器市場が裾野にまで拡がり、ネットワーク接続も進むことで、サイバー攻撃などのリスクが顕在化しています。これらのリスクに対応するためには、改ざん検知やコードの難読化のように、ソフトウェア自体を保護することが対策として挙げられます。当社は、実績のあるソフトウェアプロテクション・ツールを提供してこれらのニーズに応えます。

    全文 [PDF/682KB]

コラム

  • 12. Focus On
    機械学習を使ったLSI検証への取り組み

    全文 [PDF/396KB]

  • 13. ひと (PERSON)
    スタートアップラボでお客様と共に新しい価値の創造を

    全文 [PDF/569KB]

一括ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをダウンロードするには「Get Adobe Reader 」をクリックしてください。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。