東芝情報システム株式会社

ソリューション

アナログ LSI 設計

アナログ LSI設計 電源用LSI開発

24MHzまでの電源用IC開発実績を保有

線形制御を用いた一般的なスイッチング電源(~3MHz)開発に加え、非線形制御を採用した高周波領域のLSI開発を提供します。産業機器用からモバイル用まで、幅広い用途の電源用LSI開発を受託いたします。

電源IC領域図

非線形制御を採用、24MHzの高速スイッチング動作・高速負荷応答を実現

省スペース設計に最適
LSW=0.16uH, CIN=COUT=1uF の超小型部品で動作可能
VIN=2.3V~5.5V, VOUT=1.8V, 1.2V, IOUT=350mA
PFM, PWM自動切替、過電流検出、過熱保護、減電圧検出等、各種機能搭載

電源ICブロック図

特長

  • 産業用からモバイル用まで、幅広いニーズに応える受託開発が可能。
  • 高周波化によって、推奨部品の物理サイズを小型化することが可能。
  • 当社 DCDC : 17.5MHz at 0mA+ LSW= 220nH, COUT=2.2uF, CIN=2.2uF
  • A社 現行製品 : 6MHz at 0mA + LSW=1,000nH, COUT=4.7uF, CIN=4.7uF

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-200-5300 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く