東芝情報システム株式会社

「第7回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア 2022 オンライン」出展のご案内

終了 本イベントは終了しました。多数、ご来場いただきありがとうございました。

第7回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア 2022 オンライン

新たなモビリティ社会実現のカギを握るソフトウェアの「これから」を展望する「第7回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア 2022 オンライン」に出展する運びとなりました。

この機会にぜひご高覧賜りたくご案内申し上げます。

出展概要

名称 第7回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア 2022 オンライン
~CASE時代を支えるソフトウェア技術の進化とこれから~
オンライン展示期間 2022年1月24日(月)~2022年2月25日(金)
お申し込み

参加費:無料(事前登録制)

https://academy.impress.co.jp/event/asf202202/
[第7回 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア 2022 オンライン]
株式会社インプレス
名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ社会研究所

出展内容

DNNの高速化、BMS開発の効率化、ランタイムエラーの検出に関する各ソリューションを紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

精度を維持しつつDNNを高速化

「DNN高速化サービス」は、お客様からDNNモデル、学習データ、及び、精度評価指標をお預かりして、目標の精度・性能を満たすモデルを提供するエンジニアリングサービスを紹介します。

  • お客様のモデルから修正モデルを生成し、精度・性能を満たすモデルを探索
  • 独自の自動化や予測技術の活用により、短期間で最適なモデルを探索
  • 1.5ヶ月の期間で、精度を維持したまま処理性能を約5倍に改善した事例
バッテリマネジメントシステム開発を効率化

長年にわたるモデルベース開発の実績と、さまざまなBMS開発に携わった経験をもとに、BMS開発に関するさまざまなソリューションを紹介します。

  • バッテリ/BMSモデルライブラリの提供
  • MILS/RCP/HILS環境の構築支援
  • その他、BMS開発の支援
ソースコードに潜むランタイムエラーを検出

コードレビューや一般的な静的解析ツールでは発見することが困難なさまざまな種類のランタイムエラーを、独自の解析技術により高い精度で検出する「ランタイムエラー診断サービス」を紹介します。

  • ランタイムエラーの検出
  • 変数の値範囲の算出、及び、妥当性のチェック
  • LSB変換に関わる問題点の検出

出展内容については、都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

お気軽にお問い合わせください。当社の製品・サービスは企業・団体・法人様向けに販売しております。

電話番号044-246-8320

コロナ禍のため、電話対応が難しい場合がございます。
[お問い合わせ]ボタンから問い合わせください。