東芝情報システム株式会社

「第6回 IoTセキュリティフォーラム 2021 オンライン」出展のご案内

終了 本イベントは終了しました。多数、ご来場いただきありがとうございました。

第6回 IoTセキュリティフォーラム 2021 オンライン

2021年9月1日(水)~2日(木)に開催される「第6回 IoTセキュリティフォーラム 2021 オンライン」に出展することになりましたので、ご案内申し上げます。

出展概要

名称

第6回 IoTセキュリティフォーラム 2021 オンライン

~DX実現の鍵はIoTセキュリティ!課題の理解と対策技術の導入~

開催日時
フォーラム

2021年9月1日(水)~2日(木)

オンライン展示掲載期間

2021年8月18日(水)~9月17日(金)

開催方式 オンライン(LIVE)
主催 横浜国立大学先端科学高等研究院
入場料

無料(但し事前登録制)

事前登録については、下記URLをご覧ください。
https://www.evt-entry.com/iot2021/

セミナー

2021年9月2日(木)
12:55~13:15
A6ブロック

暗号モジュールセキュリティ要求事項FIPS140-3に基づく認証を
取得するためのIoT機器の実装ソリューション

講師: ラムバス株式会社 営業部 営業部長 星野 力 氏

さまざまな脅威に晒されるIoT機器においては、広く認知されている第三者認証を得たソリューションをもちいることにより、ユーザーのIoT機器への信頼度を高めることができます。
本講演では、暗号モジュールのセキュリティ要件を定める米国連邦標準規格FIPS 140-3 の解説と、この認証取得を支援する、ラムバスのさまざまなソリューションについて紹介します。

セミナーは事前登録が必要です。下記より登録をお願いします。
https://www.evt-entry.com/iot2021/

セミナー内容については、都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

出展内容

FIPS 140 に対応した暗号ライブラリ

ラムバス社の「Rambus TLS Toolkit Standard FIPS Edition」は、FIPS 140 に対応した暗号と、セキュアなインターネット通信プロトコルであるTLSのライブラリ群です。

組込みシステムに最適なマルウェア対策

ホワイトリスト型のマルウェア対策ツールの「SecNucleus® WhiteEgret」は、組込みシステム向けに最適化された実装で、リソースに制限のある組込みシステムにおいても、確実にマルウェアの実行を抑止することができます。

Python資産の保護と収益化

WIBU-SYSTEMS社の「CodeMeter」は、Python資産をリバースエンジニアリングや不正利用から守り、さまざまなライセンスモデルでの収益化をお手伝いします。

出展内容については、都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8320

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く