東芝情報システム株式会社

技術情報誌『Wave』

技術情報誌「Wave」 Vol.12 特集『エンベデッドソリューション2008』 ( 2008.5発行 )

技術情報誌「Wave」 Vol.12 特集『エンベデッドソリューション2008』 ( 2008.5発行 )

本号では、「エンベデッドソリューション2008」特集として、組込み分野の最新の動向と当社のソリューションについて取り上げ、ソフトウェア・ビデオコーデックなどの組込みミドルウェア、ネットワークセキュリティ、当社が特許を取得(出願中)した固有値分解の新手法、モバイル分野の短期開発・品質向上への取り組みをご紹介しています。

また、技術トピックスは、当社における構築事例をもとにしたソリューションとして、基幹システムのディザスタリカバリサイト構築と、セキュリティを確保した文書共有・交換の仕組みを取り上げご紹介いたしました。

特集『エンベデッドソリューション2008』

※ 以下のPDFファイルは別ウィンドウで開きます。

  • 2. 特集に寄せて
    自社技術・ノウハウとパートナ製品を組み合わせエンベデッド事業でのNo.1目指す

    (エンベデッドシステム・ソリューション事業担当 取締役 平田 陽一)

    全文 [PDF/390KB]

  • 3. 固有値分解を特許考案の新手法で
    (第二LSIソリューション事業部 大黒 昭宜)

    次世代通信システムや画像認識、移動体通信での電波到来方向推定などには固有値分解が用いられます。それを実現する回路構成は分岐が多くて、複雑な演算機構を多数要するため大規模となり、LSIへの実装はなかなか難しいのが実情でした。当社は、固有値分解の演算機構をシンプルかつ高速な回路構成を実現する新しい回路方式に関する特許を取得(出願中)し、組込み機器での実現に弾みをつけています。今後、さらなる高速化・小型化に取り組み、高速通信、大規模画像認識、音声方向推定、音声認識などへの応用に注力していきます。

    全文 [PDF/2.3MB]

  • 6. 組込み分野での分散オブジェクト環境(CORBA)の製品やアプリ開発、サポート提供を本格開始
    (第一エンベデッドシステム・ソリューション事業部 阪 国博)

    SI分野では以前から普及している分散オブジェクト技術仕様「CORBA」ですが、ここにきて、マルチCPU化やオブジェクト指向開発が進む組込み分野において注目を集めつつあります。当社は、これまでの研究開発への取り組み成果を活かし、CORBA製品のライセンス販売を開始しました。技術サポートや開発はもとより、今後は当社の他の技術や製品とも組み合わせたトータルソリューションを提供していきます。

    全文 [PDF/1.0MB]

  • 8. モバイル機器開発での「PRISMY」活用で品質向上を実現
    (第二エンベデッドシステム・ソリューション事業部 高井 敏)

    多品種・多機能が求められる携帯電話をはじめとするモバイル機器開発においては、品質向上や短納期開発を成功させるためにプロジェクト管理や不具合管理が重要であり、いかにして開発作業に品質・生産性ツールを有効に活用するかが鍵を握ります。当社では、これらを管理するシステムとして「PRISMY」を活用し、要求管理/不具合管理を実現しています。また、過去の不具合履歴を分析することにより、対策を講じるべき工程の抽出・方針策定・対策の実施を行い、開発製品の品質向上を行っています。

    全文 [PDF/1.1MB]

  • 10. 高品質で軽量のビデオコーデック「Mobiclip」を使ったソリューションへの取り組み
    (第二エンベデッドシステム・ソリューション事業部 垰 正和)

    多機能・高機能化が進む携帯電話やゲーム機に代表されるように、コンシューマ分野に拡大する組込み機器での動画や音声機能は、ますます重要性を帯びてきています。当社は、高圧縮・高画質のビデオコーデック「Mobiclip」(モビクリップ)を組込み機器へ搭載することを研究開発として取り組んでおり、ビデオコーデックソリューションを提供しています。今後、当社の技術力を活かし、Mobiclipを核としたさまざまな組込みソリューションを展開していきます。

    全文 [PDF/980KB]

  • 12. ニーズに合わせて2つの製品を組み合わせた「NetNucleus IPSec」による組込み機器ソリューション
    (エンベデッドプラットフォーム・ソリューション事業部 早川 正文)

    世の中のネットワーク化が進むなかで、パソコンのみならずプリンタや白物家電までさまざまな機器がインターネットに繋がる時代を迎え、暗号技術を用いてIPパケットの機密性を実現するIPsecに大きな関心が寄せられています。当社は、市場で定評のあるSafeNet社のIPsec(QuickSec) およびRSAセキュリティ社の暗号ライブラリ(BSAFE)の2つを組み合わせた「NetNucleus IPSec」を提供しています。今後は、携帯電話などのモバイル機器分野にも注力するとともに、よりお客様のニーズに合わせた製品とサービスを提供していきます。

    全文 [PDF/975KB]

  • 14. 降圧型DC-DCコンバータにおける効率改善の研究
    (第一LSIソリューション事業部 田村 豊)

    携帯機器が普及している昨今において、有限のエネルギーをいかに効率よく供給するかが、重要な課題となっています。モバイル機器に限らず据置型機器においても省エネ化できることはプラス材料です。それを解決するためには、多数の他社特許が障害となっており、当社ではその課題を早稲田大学との共同研究で打開できるよう取り組んでいます。共同研究で得られた成果は、今後、電源用LSIを開発する際にフィードバックし、さらなる向上を目指します。

    全文 [PDF/945KB]

技術トピックス、他

  • 16. インターネットで使える「easyCollaboration」により
    社内外でのクリティカルかつ柔軟で安全な文書共有と交換が可能に

    (第三SIソリューション事業部 野瀬 克紀)

    「Collaboration(コラボレーション)」と言えば、携帯キャリアとアニメメーカが共同して新たな携帯端末を発売するといった話題を思い出します。企業活動においても、設計書や企画書など社内外の関係者とひとつの文書を共有したり交換したりという共同作業の場面が多々ありますが、これら共同作業における文書の共有や交換を『コラボレーション』として位置付け、「安全に簡単に文書の共有・交換」が行える仕組みを提供します。

    全文 [PDF/1.4MB]

  • 18. ディザスタリカバリシステム構築により復旧手順を見える化
    (第三SIソリューション事業部 神田 康博)

    企業の業務はシステムへの依存度が高まる一方であり、万一、災害などでシステムがダウンすれば業務も完全に停止してしまうことになります。こうした事態に備え、当社では自社の基幹システムのディザスタリカバリ(DR)サイトを構築しました。また、実際の構築によって得られたノウハウをもとに外販を展開しています。今後はお客様のニーズに、より応えたサービスの提供を進めていきます。

    全文 [PDF/1.2MB]

  • 20. ニュース&インフォメーション

    全文 [PDF/411KB]

  • 21. コラム「マネジメントができますか」
    (スキルアップ推進室長 大関 勝巳)

    全文 [PDF/279KB]

一括ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをダウンロードするには「Get Adobe Reader 」をクリックしてください。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求などお気軽にお問い合わせください。