東芝情報システム株式会社

重要・機密ファイルを「探して」「守る」 Secure Protection

2. Secure Protection - パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 - 訴求編

「Secure Protection」は、社内のパソコンに保存されている重要・機密情報ファイルを自動で「探して」「守る」情報漏洩対策ソリューションです。ファイル利用者はセキュリティ管理を意識せず安全に情報漏洩の対策ができます。

タイトル

Secure Protection - パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 - 訴求編

概要

あなたの会社はすべての重要情報を情報を管理できていますか? どんなに努力をしても、情報流出を完全に防ぐことは不可能です。

事実、2015年5月、日本の公的機関のシステムが、標的型攻撃によってマルウェア感染し、 125万件の個人情報が流出。 情報流出を未然に防ぐことの限界を示しました。

どんなに予防をしても情報流出が起きるなら、 情報が流出することを前提とした対策が必要です。 その決め手となるのが、 Secure Protection です。

記載の会社名および製品名は各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

関連情報・サービス

↑ページトップへ

ご質問・資料請求などお気軽にお問い合わせください。