東芝情報システム株式会社

日常健康見守りサービス

日常健康見守りサービス 中日臨海バス様事例

「日常健康見守りサービス」は、従業員のバイタルデータを収集して、健康管理の促進を目指す日常健康見守りサービスです。

実証実験にご協力頂きました中日臨海バス株式会社様の点呼時の健康管理の風景とインタビュー動画です。 手前にあるのが、健康見守り端末 (タブレット)、血圧計、体温計です。

日常健康見守りサービス 導入事例 「中日臨海バス株式会社」

日常健康見守りサービス 導入事例 「中日臨海バス株式会社」

従業員のバイタルデータを収集して、健康管理の促進を目指す

中日臨海バス株式会社は三重県(四日市市)、大阪府(堺市)、神奈川県(川崎市、海老名市)、東京都 (品川区)、千葉県 (船橋市)に拠点を置き、従業員輸送、観光輸送を主なサービスとして展開しています。 常に先進的な取組みを行い、業務の健全化および効率化を目標に以下のシステムの導入を実践してきました。

  • デジタルタコグラフを導入 (1996年)
  • ドライブレコーダーを導入 (2006年)
  • 従業員管理、労務管理、顧客管理システムを構築 (適正診断結果や教育記録も登録: 2013年)
  • 日常健康見守りサービスを導入 (2016年)

事例詳細を読む

導入ソリューション: 日常健康見守りサービス 概要

記載の会社名および製品名は各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

関連情報・サービス

↑ページトップへ

ご質問・資料請求などお気軽にお問い合わせください。