東芝情報システム株式会社

脆弱性診断・管理ソリューション「Tripwire IP360」 製品構成

Tripwire IP360 構成例

Tripwire IP360 構成例

Tripwire IP360 は、管理機能と診断機能を合わせ持つ IP360 VnE Manager (IP360 VnE) と、診断機能に特化した IP360 Device Profiler (IP360 DP) で構成されます。

IP360 DP は追加導入ができるため、システム構成の変更や診断対象の拡大にも柔軟に対応することができます。

例えば初期導入時は、クラウド型の脆弱性診断サービスでは診断しにくい内部セグメントにあるサーバ群及びネットワーク機器に対象を絞って診断し、運用に慣れてきてから DMZ (DeMilitarized Zone) にある Web サーバについても診断対象とするなど、運用方針や予算計画に合わせて導入することができます。

「Tripwire IP360」 製品紹介

表は左右にスクロールできます
機能 IP360 VnE Manager  (IP360 VnE) IP360 Device Profiler  (IP360 DP)
管理機能 最新診断ルールの取得 -
各機器に対する診断設定の作成 -
診断結果及び検出結果の収集・管理 -
診断結果のスコアリング -
診断結果レポート出力 -
診断機能 IP360VnE からの診断ルール適用
IP360VnE からの診断設定適用
診断対象ネットワーク内の機器検出
診断設定に基づいた脆弱性診断
診断/検出結果を IP360VnE へ送信

「Tripwire IP360」 利用構成

利用形態は、以下の2種類となります。

表は左右にスクロールできます
利用形態 構成 製品/ライセンス 提供形態[6] 利用方法[7]
永続ライセンス サブスプリクション
オンプレミス
IP360
基本構成[1] IP360 VnE Manager ハードウェア
仮想イメージ
IP360 ライセンス[2] -
監視 IP拡張 IP360 Device Profiler[3] ハードウェア
仮想イメージ
IP360 ライセンス[4] -
クラウド
Pure Cloud
- IP360 ライセンス[5] クラウド -

[1] VnE Manager には Device Profiler 1 ライセンスが含まれます。

[2] [4] [5] 監視する IP に対しライセンスが必要となります。

[3] 監視する物理セグメントが異なる場合は、 Device Profiler が必要となる場合があります。

[6] 提供形態はハードウェア、仮想イメージを自由に組み合わせることが可能です。

[7] 利用方法は永続ライセンスまたはサブスクリプションの何れかで統一が必要です。双方の併用はできません。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く