東芝情報システム株式会社

脆弱性診断・管理ソリューション「Tripwire IP360」 概要

ネットワーク上の IT 資産を洗い出し、脆弱性診断、各種リスクを総合管理

Tripwire IP360

Tripwire IP360」で、コストを気にせず必要なときに診断・分析・対策を実施

「Tripwire IP360」で、コストを気にせず必要なときに診断・分析・対策を実施

日々手口が巧妙化しているサイバー攻撃からシステムを守るためには、OS やソフトウェアに新しい脆弱性が発見されたときやシステムを更新した後などに診断・分析・対策を行い、その効果を確認するために改めて診断を実施することが重要です。

このように診断を複数回実施する場合でも、自社で運用可能な脆弱性診断製品があれば、コストを気にせず必要なときに即時診断を行うことができます。 そして早期に脆弱性の存在を把握し、対策を行うことで、サイバー攻撃からシステムを守ることにつながります。

当社では、自社で運用可能な脆弱性診断製品である「Tripwire IP360」をお勧めします。

「BMC BladeLogic Threat Director」との連携

「BMC BladeLogic Threat Director」との連携

「BMC BladeLogic Threat Director」との連携

東芝情報システムは、「Tripwire IP360」で検出した脆弱性診断結果を連携し、修復作業を自動化するソリューションを提供します。

本ソリューションは、 BMC ソフトウェア社「BMC BladeLogic Threat Director」と、東芝情報システムが提供する「脆弱性診断データ変換モジュール」が連携することで、セキュリティの脆弱性を検出して、修復作業 (パッチ適用) を一括管理します。

これにより、脆弱性対策を自動的かつ迅速に実行することが可能となり、組織全体の迅速なセキュリティ対策に貢献します。

BMC BladeLogic Threat Director - 「Tripwire IP360」との連携

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く