東芝情報システム株式会社

データ・プロテクション

災害対策・バックアップ・データ移行ソリューション「Standby Express」

災害対策・バックアップ・データ移行ソリューション「Standby Express」 導入事例

災害対策・バックアップ・データ移行ソリューション「Standby Express」

導入事例 - 旅行会社 A 社

導入目的

業務システムの更新に伴うデータ移行および接続先データベースの切り替え。

新システム稼働後は、災害対策サイトへのデータバックアップとして活用。

構成ポイント

  • 稼働中の業務システムに影響を与えることなく新環境へデータを移行。

  • 業務停止時間を最小限にした接続先データベース切り替え。

導入効果

  • 稼働中の業務システムを停止することなく新環境へのデータ移行を実現。

    かつ、業務停止時間がわずか数分間で接続先データベースの切り替えを実現。

  • 新業務システム稼働後は、本番サイトと遠隔地にある災害対策サイトのデータベース間で データ同期を行い、災害対策環境を構築。

    短期間でのデータ移行と低コストでの災害対策を、業務に影響を与えることなく実現。

移行手順

Step 1. 業務システム更新前 - データ移行:

Step 1. 業務システム更新前 - データ移行 - 災害対策・バックアップ・データ移行ソリューション「Standby Express」

まずはじめに、Standby Express を利用して業務システムを切り替えました。 切り替えは、以下の手順で実施しました。

  1. 旧本番環境のデータベースを新本番環境のデータベースに複製します。

  2. 業務システム移行期間中は業務を継続したままデータを同期します。

  3. 業務システム切り替え時、「業務システム・サーバー」のデータベース接続先を変更します。

Step 2. 業務システム更新後 - 災害対策:

Step 2. 業務システム更新後 - 災害対策 - 災害対策・バックアップ・データ移行ソリューション「Standby Express」

続いて、本番業務サイトで稼働しているデータベースを、災害対策サイトのデータベースに複製します。 これは、以下の手順で実施しました。

  1. 本番業務サイトのデータベースを災害対策サイトに複製します。

  2. 本番業務サイトの業務を継続したままデータを同期します。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く