東芝情報システム株式会社

Oracle データベースの移行とレプリケーションツール「SharePlex」

止められないシステムのデータ移行と複製に「SharePlex」

SharePlexロゴ
SharePlex概要

「SharePlex(シェアプレックス)」は、運用中の Oracleデータベースを、リアルタイムに複製(レプリケーション)する、高機能・高性能・低コストなデータベースレプリケーションツールです。
「SharePlex」により、運用中の Oracleデータベースの停止時間を最小限にし、複製・移行することができます。

サポートデータベース (2021年2月現在)
  • オンプレミス/ Amazon EC2/Microsoft Azure IaaS
    • Oracle 11gR2
    • Oracle 12cR1
    • Oracle 12cR2
    • Oracle 18c
    • Oracle 19c
  • Amazon RDS for Oracle
    • Oracle 11gR2
    • Oracle 12cR1
    • Oracle 19c
適用領域

「SharePlex」は、以下のような領域に適用できます。

東芝情報システムは「SharePlex」を利用したソリューションを提供することで、 Oracleデータベースの運用にかかわる、さまざまな問題の解決を支援します。

COVID影響によるシステム運用人員リソース、メンテナンス時の課題に対応

働き方改革、ニューノーマル(新しい生活様式)が浸透し、テレワークを導入される企業は急増しています。それに伴うシステム増強やシステム管理者リソースが不足しクラウド(AWS)環境移行も近々の課題となっているのではないでしょうか?
とくにデータ移行に苦慮されているお客様も多いはずです。

「SharePlex」はシステムを停止することなくクラウド環境へデータ移行する最適なツールです。

SharePlex 利用イメージ

「SharePlex」によるソリューション例

データベースの BCP対策システムの構築

「SharePlex」を、Oracleデータベースを利用している基幹系システムの BCP(Business Continuity Planning:事業継続計画)対策に利用します。

Oracle BCPサイトの構築
小売業様 導入事例 - 低価格で Oracle BCP サイトの構築

導入事例を読む 災害対策、BCP クラウド移行

データベースのパフォーマンス改善

「SharePlex」により、システムで使用している Oracleデータベースを、参照系と更新系に分離することができます。
このデータベース分離により負荷を分散することで、システム全体のパフォーマンスを改善します。

参照用 Oracle データベース構築
製造業様 導入事例 - 参照用 Oracle データベースによるパフォーマンス改善

導入事例を読む 負荷分散 データ分散

リアルタイム

DWH(データウェアハウス)での活用。「SharePlex」で、リアルタイムに必要なデータを収集することにより、迅速な意思決定が可能になります。

DWH (データウェアハウス)

システム停止ができないデータベース移行

リアルタイム性が重要なシステムでは、Oracle データベースを停止することができません。このようなデータベースの移行は、非常に困難を伴います。

「SharePlex」を使用することで、このようなシステムの停止時間を極小化してデータベースを移行することが可能となります。

マイグレーション 変更履歴 クラウド移行

異なる Oracleエディション、バージョン、およびプラットフォーム間でのデータベース移行

SharePlexを使用することで、Oracleデータベースのデータを異なるエディション、バージョン、プラットフォーム間で移行できます。
ハードウェアの更改やクラウドへのデータ移行が、短時間のシステム停止で可能となります。

マイグレーション クラウド移行

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く