東芝情報システム株式会社

マイナンバー対応トータル・ソリューション

セキュリティソリューション

パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 「Secure Protection」

パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 「Secure Protection」 Secure Protection アドバンス自治体限定版

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」は、自治体様向けに導入コストを抑えた限定版です。

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」 の特長

自治体様向けに導入しやすいバリュー・プライスにてご提供

バリュー・プライス

累積利用料 比較 - 501ライセンス 5年間利用の場合 1台あたり

Secure Protection アドバンス自治体限定版 - 利用累積比較 - 501ライセンス 5年間利用の場合 1台あたり

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」は、アドバンスエディションをベースにし、 アドバンスエディションより、自治体様に必要とされる機能に絞り込んでご提供しています。 これにより、アドバンスエディションに比べ、3~4割程度の低価格でご提供します。

絞り込みにより本体機能から外された機能は、「オプション」機能としてご提供していますので、自治体様のニーズに応じて追加することができるようになっています。

2年目以降も、さらにバリュー・プライス

単年利用料 比較 - 501ライセンス 5年間利用の場合 1台あたり

Secure Protection アドバンス自治体限定版 - 単年利用料比較 - 501ライセンス 5年間利用の場合 1台あたり

アドバンスエディションが2年目以降のライセンス価格が初年度と同額となっているのに対し、「Secure Protection アドバンス自治体限定版」は2年目以降も抑えた価格でご提供します。

Secure Protection アドバンス自治体限定版 価格表 (価格は税抜)

表は左右にスクロールできます
ライセンス数 価格 初年度 価格 2年目以降
20-99 18,100 円/ライセンス/年 8,300 円/ライセンス/年
100-500 14,860 円/ライセンス/年 7,140 円/ライセンス/年
501- 12,540 円/ライセンス/年 5,900 円/ライセンス/年

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」 2つのオプション機能

アドバンスエディションの特長である「管理して追跡する」、「後から消す」のうち次の2つの機能をオプションとしています。

オプション機能:

  1. 不正アクセス通知機能 - 緊急事案発生時の素早い対応:

    「不正アクセス通知機能」は、重要・機密ファイルへの不正アクセスを検知し、メールで通知する機能です。

    「Secure Protection」で暗号化された重要・機密ファイルを閲覧権限のない職員がアクセスした場合、「Secure Protection」の機能によりファイルを開くことはできません。

    このようなアクセスは標準機能である「不正アクセス検知機能」によりアクセス履歴に保存されます。 管理者は、定期的にアクセス履歴をチェックすることで不正アクセス状況を把握し、対策検討に役立てることができます。

    「不正アクセス検知機能」に加えて、本オプション「不正アクセス通知機能」を追加することで、不正アクセスを検知した時点で、システムより管理者にメールにて通知されるようになります。 これにより、管理者の負荷が軽減されるとともに、コンプライアンス違反などの緊急事案発生時に素早い対応が可能となります。

    重要なファイルを「管理して追跡する」 - アドバンスエディション

  2. リモートファイル削除機能 - 外部流出対策・外部提供対策:

    「リモートファイル削除機能」は、ファイルをリモートで削除できる機能です。

    • 外部流出対策 - 重要・機密ファイルの外部流出対策に:

      「リモートファイル削除機能」は、重要・機密ファイルの外部流出対策として有用です。 メール誤送信や不正持ち出しなどで住民情報などの重要・機密ファイルが外部に流出してしまった場合に、流出したファイルをリモートで削除できます。

      「Secure Protection」で暗号化された重要・機密ファイルを閲覧権限のない職員がアクセスした場合、「Secure Protection」の機能によりファイルを開くことはできません。 そのため、重要・機密ファイルが外部に流出してしまった場合でも、閲覧権限のないユーザはファイルを開くことはできません。

      しかし、そのままでは、流出した重要・機密ファイルが外部に残り続けるという問題は解決できません。

      本オプション「リモートファイル削除機能」を追加することで、流出した重要・機密ファイルをリモートで削除できるようになります。

    • 外部提供対策 - 自治体外部へ重要・機密ファイルを提供する際に:

      「リモートファイル削除機能」は、業務で自治体外部へ重要・機密ファイルを提供する場合にも有用です。

      業務で自治体外部へ重要・機密ファイルを提供した後、業務が終了した際に、提供した重要・機密ファイルをリモートで削除できます。 このため、自治体外部取引先におかれても、重要・機密ファイルを管理しておく必要がないため、安心です。

    重要なファイルを「あとから消す」 - アドバンスエディション

Secure Protection アドバンス自治体限定版 オプション価格表 - ライセンス単価 (価格は税抜)

表は左右にスクロールできます
有償オプション 標準価格 年間保守価格
不正アクセス通知機能 3,500 円/ライセンス/年 700 円/ライセンス/年
リモートファイル削除機能 3,500 円/ライセンス/年 700 円/ライセンス/年

有償オプションにつきましては、「Secure Protection アドバンス自治体限定版」のライセンスと同数をご購入ください。

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」 販売対象機関

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」は、以下の自治体、機関、組織を販売対象としています。

  • 地方公共団体

  • 公立施設

  • 地方公共団体の組合

  • 独立行政法人

  • 公益法人

その他、詳細はお問い合わせください。

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」 販売対象除外機関

「Secure Protection アドバンス自治体限定版」は、以下の自治体、機関、組織を販売対象としていません。

  • 社会福祉法人 - 公的医療機関は適用対象

  • 特定非営利活動法人

  • 中間法人

  • 各国政府 - 在日大使館などを含む

  • 政党

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く