東芝情報システム株式会社

パソコン内の重要・機密ファイルを "探して" "守る" 「Secure Protection® FAQ

「Secure Protection」に関する FAQ (よくある質問とその回答) 集です。

1. 「Secure Protection」製品について

1.1. 「スタンダードエディション」と「アドバンスエディション」の違いは何ですか?

「スタンダードエディション」と「アドバンスエディション」の違いは、主に2つあります。

暗号化方式が異なります
  • 「スタンダードエディション」

    「シャルム暗号」を用いて暗号化を行います。

  • 「アドバンスエディション」

    FinalCode」を用いて暗号化を行います。

手元を離れたファイルの管理範囲が異なります
  • 「スタンダードエディション」

    閲覧制限を変更したり、リモート操作で削除することはできません。

  • 「アドバンスエディション」

    社外などのユーザーへファイルを渡したあとも "いつ" "誰が" アクセスしたのか追跡が可能で、閲覧制限を変更したり、リモート操作で削除することも可能です。

参考:  「Secure Protection」ラインナップ

1.2.「すみずみ君」とは何ですか?

すみずみ君」は、三菱スペース・ソフトウエア株式会社が提供する個人情報ファイル検出ツールです。
PC内を検索して個人情報が入っているファイルを抽出します。

参考:  個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」

1.3.「FinalCode」とは何ですか?

FinalCode」は、デジタルアーツ株式会社が提供するファイル暗号化・追跡ソリューションです。
パスワードなしで暗号化ファイルを復号したり、印刷制御、コピー制御、リモート削除などの機能を持つソフトウェアです。

参考:  ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」

1.4. どのように暗号化するのですか?

「Secure Protection」では、下記の3種類の暗号を使用します。

  • シャルム暗号

    スタンダードエディションは、暗号化に「シャルム暗号」を使用します。「シャルム暗号」は、東芝情報システム株式会社が提供する暗号化ソフトウェアです。ユーザー自身が使用しているパソコンではパスワードレスでファイルを開くことができます。

  • Azure RMS 暗号 ※ スタンダードエディションのオプションとなります

    Microsoft Office 365 をご利用のユーザー向けに Microsoft Azure RMS を利用できるようにする「Azure RMS(AIP)サポートオプション」を提供しています。

  • FinalCode

    アドバンスエディションは、暗号化に「FinalCode」を使用します。パスワードレスでファイルを開くことができるだけでなく、閲覧者を制限することもできます。

参考:  重要なファイルを「自動で守る」

2. 「Secure Protection」の個人情報抽出について

2.1. 対象となる個人情報はどのようなものがありますか?

以下の個人情報が対象になります。

  • 住所

  • 氏名

  • 電話番号

  • E-mail アドレス

  • マイナンバー

  • クレジットカード番号

  • 生年月日

参考:  重要なファイルを「自動で探す」

2.2. 氏名や住所はどのように識別しているのですか?

すみずみ君」が持つ辞書と照合して判別しています。

参考:

2.3. 対象となるファイルはどのようなものがありますか?

代表的なファイルとして以下のものがあります。

表は左右にスクロールできます
メーカー ソフトウェア
Microsoft Word, Excel, PowerPoint, Visio, Access
Adobe Acrobat
富士ゼロックス DocuWorks
ジャストシステム 一太郎

その他にも対象となるファイルがあります。詳しくはお問い合わせください。

資料ダウンロード

パソコン内の重要・機密ファイルを "探して" "守る" 「Secure Protection」の資料ダウンロード

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く