東芝情報システム株式会社

マイナンバー対応トータル・ソリューション

セキュリティソリューション

パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 「Secure Protection」

パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 「Secure Protection」 デバイス制御オプション

概要 - デバイス制御オプション - パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 「Secure Protection」

デバイス制御機能

各種デバイスへの機密情報ファイルの移動やコピーを禁止します。 ファイルの不必要な持ち出しを制限することができます。

ユーザーの不注意や悪意ある攻撃によるファイル拡散を防止することができます。

もっと読む

ログ管理機能

「ファイル操作ログ」、「メール送信ログ」、「印刷ログ」を取得して管理します。

管理者は、機密情報ファイルへのアクセスについて「いつ、だれが、何のファイルを、どうしたか」という視点で確認・分析できます。

もっと読む

Secure Protection で探して守られた機密情報ファイルに対して、各種デバイス、メディアへのコピーや移動操作を管理することができます。

管理者は機密情報ファイルを社外に提供するパソコンを制限することができます。 また、機密情報ファイルの利用履歴をブラウザで参照できるので、適切なセキュリティ管理が行えます。


Secure Protection が提供する基本機能:

Secure Protection は、パソコン内の個人情報や顧客情報などの機密情報ファイルを自動で「探して」強固に「守る」機能で構成されています。 Secure Protection が提供している2エディション、スタンダードエディションアドバンスエディションのそれぞれに、強固な機能が用意されています。

スマートデバイス利用の増加に伴うファイル持ち出しリスクの増大:

一方で、企業においては、スマートフォンやタブレット PC などのスマートデバイスの利用が増加しています。

これに伴い、スマートデバイスの紛失や盗難などによる情報漏えいリスクも増大しているため、機密情報ファイルの持ち出しを慎重に行う必要性が高まっています。

ファイル持ち出しリスクに対するソリューション:

Secure Protection は、機密情報ファイルの持ち出しについての課題に対するソリューションとして、「デバイス制御オプション」を提供しています。

Secure Protection に「デバイス制御オプション」をインストールすることで、基本機能に加えて「ファイルの不要な持ち出し」、「標的型攻撃などによる流出」などのインシデントに対する対策を強化することができます。

デバイス制御オプション 価格:

価格 50ライセンス同時導入 1台あたり年額1,200円(税抜) - Secure Protection 外部デバイスオプション

デバイス制御機能 - 機密情報ファイルの移動・コピー可否を自動制御

デバイス制御機能 - 機密情報ファイルの移動・コピー可否を自動制御 - デバイス制御オプション - パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 「Secure Protection」

デバイス制御機能

Secure Protection 「デバイス制御オプション」の「デバイス制御機能」は、各種デバイスへの機密情報ファイルの移動やコピーを禁止します。 これによりファイルの不必要な持ち出しを制限することができます。

ファイルをデバイスに移動・コピーしようとすると、「デバイス制御機能」は警告メッセージが表示し、移動・コピーすることはできません。 これにより、ユーザーの不注意悪意ある攻撃によるファイル拡散を防止することができます。

ファイルを持ち出が必要な場合は、 パソコンに「USB 解除キー」(別売) を差し込んで「持ち出し許可状態」にすることができます。 この状態で、移動・コピーを行います。

「デバイス制御機能」で管理できるデバイスの種類を、以下に示します。

「デバイス制御機能」で管理できるデバイスの種類:

  • USB メモリ

  • フラッシュメモリ

  • FD

  • MD

  • 外付けハードディスク

  • CD-R

  • DVD-R

  • BD-R

  • スマートフォン

  • タブレット PC

ログ管理機能 - 機密情報ファイルの各種ログを収集

ログ管理機能 - 機密情報ファイルの各種ログを収集 - デバイス制御オプション - パソコン内の重要・機密ファイルを「探して」「守る」 「Secure Protection」

ログ管理機能

Secure Protection 「デバイス制御オプション」の「ログ管理機能」は、 Secure Protection Client の「ファイル操作ログ」、「メール送信ログ」、「印刷ログ」を取得して管理します。

取得したログは、Secure Protection Server に送られて保存されます。 各ログを総合的に管理することで、管理者は、機密情報ファイルへのアクセスについて「いつ、だれが、何のファイルを、どうしたか」という視点で確認・分析できます。

Secure Protection Server に保存されたログは、ブラウザを通じて「Secure Protection 管理者画面」にアクセスすることで確認できます。 クライアントとなるパソコンに専用アプリケーションをインストールする必要はありません。

ファイル操作ログ

Secure Protection 「デバイス制御オプション」の「ファイル操作ログ」は、ユーザーが操作したファイルの移動やコピーの際に、「ファイル操作ログ」を取得します。 取得したログは、Secure Protection Server に送られて、保存されます。

「ファイル操作ログ」の内容:

  • パソコンからデバイスへの移動・コピー

    • ユーザー

    • 日時

    • ファイル名

    • 移動・コピー先

  • パソコンでのオープン

    • ユーザー

    • 日時

    • ファイル名

    • アプリケーション名

管理者は、「ログ管理機能」により「ファイル操作ログ」を確認することで、機密情報ファイルが適切に扱われているかを把握することができます。

メール送信ログ - 機密情報ファイルの添付ログを取得

Secure Protection では、探して守られた機密情報ファイルをメールに添付するときはパスワードを設定します。 このため、送信元にも送信先にもセキュアなファイルの受け渡しが行えます。

この機能に加えて、Secure Protection 「デバイス制御オプション」の「ログ管理機能」は、機密情報ファイルがメールに添付して送信される際に、「メール送信ログ」を取得します。 取得したログは、Secure Protection Server に送られて、保存されます。

「メール送信ログ」の内容:

  • ユーザー

  • 日時

  • タイトル

  • 送信元

  • 送信先

  • 添付ファイル名

管理者は、「ログ管理機能」により「メール送信ログ」を確認することで、社内の情報漏洩対策に活用することができます。

「ログ管理機能」で管理できるメールソフトを、以下に示します。

「ログ管理機能」で管理できるメールソフト:

  • Microsoft Outlook

  • Windows Live メール

  • Mozilla Thunderbird

印刷ログ - 機密情報ファイルの印刷ログを取得

Secure Protection 「デバイス制御オプション」の「印刷ログ」は、機密情報ファイルを印刷される際に、「印刷ログ」を取得します。 取得したログは、Secure Protection Server に送られて、保存されます。

「印刷ログ」の内容:

  • ユーザー

  • 日時

  • ファイル名

管理者は、「ログ管理機能」により「印刷ログ」を確認することで、社内の情報漏洩対策に活用することができます。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く