東芝情報システム株式会社

ネットワーク構成を自動把握・リスク分析「RedSeal」
事例 - AXA XLとRedSealの共同提供

「RedSeal」は、政府・金融・小売・IT・インフラ・医療・保険・サービスプロバイダ・製造業など さまざまな業種で導入されています。
ここでは、RedSeal社における事例※1 をご紹介します。

※1 本ページに記載の事例は、米国におけるRedSeal社の導入事例の記事を、RedSeal日本法人の承諾のもと、東芝情報システムにて和訳したものです。 記載内容に関して原文と相違がある場合、原文が優先されるものとします。

「RedSeal」事例 | AXA XLとRedSealの共同提供 「RedSeal」事例 | AXA XLとRedSealの共同提供 「RedSeal」事例 | AXA XLとRedSealの共同提供 「RedSeal」事例 | AXA XLとRedSealの共同提供

原文「AXA XL and RedSeal Joint Offer」(英文)はこちら

AXA XLと RedSeal は保険会社と顧客に価値のある情報を提供するために、RedSeal の客観的なデジタルレジリアンススコアでサイバー保険への新しい動的なアプローチを提供しています。保険会社は時間が経つにつれてネットワークのリスクをより明確に把握することができます。顧客は自社のサイバーセキュリティを改善し、保険条件を改善し続けることができます。

初期のリスク査定時の調査や外部脅威となる環境、限られたネットワーク把握に依存する他のサイバー保険のリスク分析と異なり、このアプローチはより正確、動的で役立ちます。

RedSeal のネットワークモデリングとリスクスコアリングプラットホームは物理的な資産と、パブリッククラウドとプライベートクラウド環境の資産を含むネットワークモデルを構築します。これによりRedSeal はデジタルレジリエンススコアを算出します。信用力に似た、ネットワークレジリエンスの総合的な測定です。スコアは決定するべき顧客のネットワークを評価します。

  • 間違って設定されたデバイスと第三者のソフトウェアの弱点がネットワークにどれだけ影響を与えるか
  • 会社の貴重な資産が攻撃者にどれ位アクセス可能か
  • すべてのデバイスと接続を含めてネットワークがどれだけ把握されているか

よりレジリエンスのあるネットワークは、より高いスコアとなり、よりリスクが少ないことを示します。AXA XLの顧客がまずRedSeal をインストールし、最初のデジタルレジリエンススコアを得て、再度中間の査定中にAXA XLが顧客のレジリエンスが改善された条件を保証しているか判断します。

これは継続的な改善のサイクルとなります。保険会社はリスク査定のためのより詳細な情報を持ち、顧客は同じ情報を用いてレジリエンスを改善しリスクを削減します。その結果、保険条件が改善となるかもしれません。


AXA XLについて
AXA XLは中規模企業から大手の多国籍企業向けに保険、リスク管理商品やサービス、世界の保険会社向けに再保険ソリューションを提供しています。世界を動かす企業と提携しています。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く