東芝情報システム株式会社

Microsoft 365 移行支援
ハイブリッド Active Directory環境の運用効率化ソリューション「Active Roles」

Active Directory/Azure Active Directory 混在環境における
アカウント管理業務の負担を軽減

Active Directoryと Azure Active Directoryが混在するハイブリッド環境では、アカウントやグループアカウントの管理が煩雑になり、重複作業の発生によるミスなどがセキュリティリスクとなります。
人事マスターデータと連携しハイブリッド環境全体での作業を1つのコンソールで行うことができるため、重複作業の削減やID管理ライフサイクルの自動化により運用管理の効率化を実現します。

煩雑なアカウント管理の負担を軽減する「Active Roles」の導入作業を支援します。

「Active Roles」概要イメージ

主な機能

  • アクセス管理テンプレート
    ロールベースの権限設定を可能にします。
  • MU(Management unit:管理ユニット)機能
    運用管理タスクの自動化、OU(Organizational Unit:組織単位)を横断的に管理可能な「Active Roles」独自の管理ユニット機能により、アカウントのライフサイクル管理自動化を実現します。
  • ワークフローテンプレート
    定義済みワークフローテンプレートを活用したプロビジョニング処理を定義することにより、マネージャー承認処理をワークフロー化します。
  • 監査機能
    変更履歴とユーザーアクティビティレポートを提供します。
  • 拡張機能(オプション)
    Starling Connectを利用することで、SaaSアプリケーションに対してもプロビジョニングの自動化が可能になります。

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く