東芝情報システム株式会社

Microsoft 365 マイグレーションサービス

メールデータや Notes環境で開発された業務アプリケーションを、Microsoft 365環境に移行します。
アセスメントによる移行データの棚卸、分類化、概算コスト算出から移行作業まで一括してご支援いたします。

Microsoft 365 マイグレーションサービス 概要イメージ

ワンストップマイグレーション 

移行データソースの棚卸から、計画、移行、移行後の保守まで、一つの窓口で対応いたします。
ライセンスはA社、GSuiteメール移行はB社、Notesアプリケーション開発はC社・・・といったような、複数社とのご契約は不要です。
当社担当が、貴社のマイグレーションを一括で支援いたします。

当社の実績
  • アセスメント実績:10社以上   約6,000DB
  • 移行計画支援実績:  3社以上   約3,000DB
  • アプリ移行実績   :30社以上
    • 環境構築
    • HTML移行
    • SharePoint Server 移行、アドオン(Nintex)、.NETカスタマイズによる移行
    • SharePoint Online移行、PowerApps・PowerAutomate 活用
    • メンテナンスツールの開発、ご提供による運用支援

さまざまなデータソースを集約

Microsoft 365の各種サービスは、既存のグループウェアやクラウドサービスが提供する機能を内包しています。
メール、チャット、Web会議といったコミュニケーションから、ワークフローやポータルなどの業務アプリケーションまで、当社では Notes/Domino を中心としたさまざまなデータソースを Microsoft 365にマイグレーションするサービスを提供します。

一方で、複雑なワークフローや外部連携など Microsoft 365で実現することが適切でないと判断される業務アプリケーションについては、別パッケージの提案をさせていただくなど、既存資産を Microsoft 365に集約するとともに、マイグレーションとしての最適化を損なわないサポートを実施します。

アセスメントによる移行最適化

Microsoft 365は強力なコミュニケーション基盤となりますが、Notes/Domino のようなグループウェアからの移行の場合、コミュニケーションだけではなく業務アプリケーションの存在を軽視することはできません。
メールデータなどのコミュニケーション関連はツールによる機械的な移行が可能ですが、業務アプリケーションについては独自に作り込まれた機能を移行先の環境で実現するための分析が必要となります。

当社では2段階のアセスメントを実施することで、最適な移行コスト算出のお手伝いをさせていただきます。

  • ① 棚卸アセスメント
    ログ情報を基に現状の利用状況をレポート化。移行対象、アーカイブ化、アーカイブ化などの分類で移行対象とすべきかどうか、移行しないDBはどのように扱うべきなのかを提案します。
  • ② 難易度判定アセスメント
    移行対象と判定されたDBについて、実装されている機能を分析し移行難易度を判定します。判定された分類から移行の概算コスト算出をご提供します。

ツール活用

データ移行はツールを活用することにより、より早く正確なマイグレーションを実現します。
行されたデータは、移行先で引き続き利用することができます。

Microsoft 365 の活用

デファクトスタンダードである Microsoft 365を活用します。
モバイルファースト、クラウドファーストによるBCP対策の実現、ローコードアプリケーション開発による内製化を実現します。

移行計画支援

お客様の「どう進めたらいいのかわからない?」を解決します。
2段階アセスメントによる棚卸、分類化、概算コストを算出した上で、過去実績を基にしたコスト低減策のご提案します。

ツールによる再現性

実績ある移行ツールで、既存資産の活用を実現します。
リッチテキストの高い再現性を誇り、添付ファイルの移行も可能です。アクセス権も移行することで、既存のアクセス権制御を損ないません。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く