東芝情報システム株式会社

Microsoft 365 データプロテクションサービス

情報資産保護(データプロテクション)
Microsoft 365 プラットフォーム上の情報資産を保全します

Microsoft 365 データプロテクションサービス 概要イメージ

情報資産保護には二つの種類があります。

  • バックアップ
    万が一のSaaSサービス中断・停止によるコンテンツ・データの保護やデータ削除、不正編集ウィルス感染からの早期復旧に必要です。
  • アーカイブ
    • コンプライアンス対応
      SOX法、PL法、万が一の訴訟対応などに対し、完全かつ正確なエビデンス(証拠)を迅速にメールデータより検索することが可能です。
    • メールデータの移行
      全てのメールデータはアーカイブ機能により簡単に検索でき、完全に回復できます。

Microsoft 365 データプロテクションサービス

Microsoft 365 プラットフォームを活用しコミュニケーションの活性化、業務改革、業績向上を図るためには、本プラットフォーム上の情報資産及びエビデンスに対する保護・管理を行う必要があります。

6. サービスの可用性
a.(中略)
b. マイクロソフトは、本サービスの稼動状態を維持するよう取り組んでいますが、すべてのオンライン サービスには中断および停止が時折発生します。マイクロソフトは、結果としてお客様に生じることがある中断または損失について一切責任を負いません。停止が発生した場合、お客様は、保存しているお客様のコンテンツまたは本データの取得ができなくなることがあります。本サービスに保存しているお客様のコンテンツおよび本データは、定期的にバックアップするか、第三者のアプリおよびサービスを使用して保存することをお勧めします。

とあるように、SaaS上に存在する全てのコンテンツやデータは、企業のアカウンタビリティ確保とコンプライアンス順守に向け保護管理していくことが必要です。
しかし、複雑・煩雑な管理はかえって企業の生産性向上を妨げる要素でもあり、以下にシンプルに簡単に保護・管理・復元が可能な仕組みが必要となります。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く