東芝情報システム株式会社

マイナンバー対応トータル・ソリューション オフィスセキュリティソリューション 運用管理・ITSM 運用管理・ITSM

セキュリティソリューション

IT 資産管理・セキュリティ統合管理システム 「MCore(ManagementCore)」

MCore システム構成

図1 MCore のシステム全体構成図1 MCore のシステム全体構成

M-Coreサーバーの役割

IT資産管理機能、ネットワーク管理機能を提供します。各クライアントから情報を受け取りDBに格納します。
また、ソフトウェアライセンス管理、ソフトウェアの配布やネットワーク機器のディスカバリーやヘルスチェック、管理者へのアラート検知、リース、保守管理などの機能も提供します。

ログ管理サーバーの役割

各クライアントからPCの操作ログを受け取り、操作ログの検索や参照を可能にするためのインデックス生成を行います。
小規模の場合、M-Coreサーバーに同居することが可能です(約1,000台)。大規模の場合、複数台のログ管理サーバーを構築することも可能です。(1サーバー4,000台目安)

管理機(情シ)の役割

リモートモニタをインストールした管理機は構成管理、障害管理、設定ファイルの作成を行うことが可能です。
また、WebClient(IE)から情報の検索やソフトウェア配布などを行うことが可能です。

管理機(各部門)の役割

WebClient(IE)から許可された機能のみ利用可能です。
また、部署単位に表示制限も可能です。

クライアントの役割

常駐モジュールをインストールすることで、サーバーにインベントリ情報をあげたり、ソフトウェア配布などを行うことが可能です。

検疫BOX(オプション)の役割

検疫ポリシーに違反しているクライアントをネットワークから遮断します。
あらかじめ指定した治癒サーバーへの接続は可能です。
違反クライアントは治癒後、再検疫によりネットワークへ接続可能です。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く