東芝情報システム株式会社

IT資産管理・セキュリティ統合管理システム「MCore (ManagementCore)」 テレワーク・在宅勤務 利用例

テレワーク/在宅勤務の業務実態の見える化、セキュリティリスクの把握と低減を可能にします。

コロナ禍の長期化により、企業ではテレワーク/在宅勤務が通常の勤務として定着化してきています。
テレワーク/在宅勤務のために持ち出すパソコンについても、社内利用と同じようにセキュリティ対策を施し、勤務実態が把握できるようにする必要があります。
「MCore」は、在宅勤務での業務実態の見える化やセキュリティリスクを低減する機能を搭載しており、在宅勤務の管理と運用を支援いたします。

在宅勤務の実態を把握

パソコンの使用時間やアプリケーションの利用時間を収集し、在宅勤務時にどんなアプリケーションをいつ使用したかなど、勤務状況を正確に把握できます。
電源のON/OFFやログイン/ログオフだけでなく、実際にパソコンを使っているかどうかも確認できます。

在宅勤務の実態を把握

持出パソコンの暗号化状況の把握

BitLocker の暗号化状態や管理が難しい回復キーを集中管理できます。回復キーの付け替えも可能です。
暗号化を無効にされることを防止し、パソコンを外へ持ち出す際のセキュリティリスクを低減できます。

持出パソコンの暗号化状況の把握

持出パソコンの操作を記録

ファイルへのアクセスなどパソコンの操作を記録することで、利用者への内部不正に対する抑止力を高めます。
オフライン時のログももれなく収集する安心設計です。
1日のログをまとめてサーバへ送るため、逼迫しがちなテレワーク時のネットワークの負荷を軽減します。

持出パソコンの操作を記録

外部デバイスのアクセスを制御

USBメモリなどの外部デバイスへのアクセスを制限する機能やプリンターの使用を制限する機能により、機密情報の持ち出しを防止し、テレワーク時の情報漏洩リスクを低減します。

外部デバイスのアクセスを制御

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く