東芝情報システム株式会社

オフィスセキュリティソリューション

セキュリティソリューション

らくらく導入・かんたん操作でメール誤送信を防止 m-FILTER MailAdviser

m-FILTER MailAdviser 選ばれる理由

「m-FILTER MailAdviser 」が選ばれる6つの理由

  1. クライアント型メール誤送信対策の必要性
  2. わかりやすい画面と直感的に使える高い操作性
  3. Office 365利用環境でも、「m-FILTER MailAdviser」が利用可能
  4. 他社製品との比較一覧
  5. 主要なメールソフトや環境に対応
  6. ゲートウェイ型「m-FILTER」と連携することで多層防御を実現

1.クライアント型メール誤送信対策の必要性

「m-FILTER MailAdviser」は、サーバー不要のクライアント型メール誤送信防止ソリューションです。ゲートウェイ型対策では防ぎきれない送信者による「うっかりミス」などのメール誤送信防止に有効です。

クライアント型メール誤送信対策の必要性

2.わかりやすい画面と直感的に使える高い操作性

ユーザー視点で設計された見やすくわかりやすいポップアップ画面が、送信者にしっかりと注意喚起を行います。
画面は「宛先タブ」「本文タブ」「添付ファイルタブ」の3つのタブで構成されています。チェック項目が整理されているので、マウス操作で確認項目をチェックするだけで「うっかり誤送信」を防止します。
送信メールの宛先アドレスも、チェックボックスなどでは惰性になりがちな確認作業ではなく、メールアドレスをクリックして確認するため、誤送信防止に大きな効果を発揮します。

2.わかりやすい画面と直感的に使える高い操作性

3.Office 365利用環境でも、「m-FILTER MailAdviser」が利用可能

Outlook利用時は、SSL/TLS通信に対応できるため、Office 365利用環境でもメール送信時にポップアップ画面表示が可能です。
なお、「m-FILTER MailAdviser」はOutlookにアドインとして導入するため、Outlookのメニューバーから個人設定画面を起動でき、いつでも設定変更が可能です。

3.Office 365利用環境でも、「m-FILTER MailAdviser」が利用可能

4.他社製品との比較一覧

表は左右にスクロールできます
     
  製品A 製品B 製品C m-FILTER
MailAdviser
添付ファイル
パスワード暗号化
上長アドレスチェック × × ×
LDAPサーバーとの連携 × × ×
最少販売単位 10ライセンス~ 10ライセンス~ 5ライセンス~ 5ライセンス~
表は左右にスクロールできます
        
  製品C 製品D m-FILTER
MailAdviser
ZIP
ZIP(AES-256) × ××
独自方式
(AESに代わる独自暗号化)
× ×
IRM方式 × ×
備考 添付ファイル暗号化は
Outlookのみ
  添付ファイル暗号化は
Outlookのみ

5.主要なメールソフトや環境に対応

Microsoft Office Outlook、Thunderbird等、主要なメールソフトに対応しています。また、SMTP環境だけでなくMicrosoft Exchange Server環境(OutlookによるMAPI接続)でも動作可能です。

6.ゲートウェイ型「m-FILTER」と連携することで多層防御を実現

「m-FILTER MailAdviser」と「m-FILTER」を利用することで、メール流通の各ステップでのメール誤送信対策を実現します。「m-FILTER MailAdviser」による送信者PCでの目視の誤送信チェックに加え、「m-FILTER MailFilter」によりゲートウェイでの機械的な誤送信のチェックを実施できます。
たとえば、金融機関など二重チェックが必要な環境では『「m-FILTER MailAdviser」で確認していないメールは、必ず「m-FILTER」で上長承認する』など、多層防御の運用を実現します。

※ 「m-FILTER MailAdviser」と「m-FILTER」の一括保守が可能です。

画像の説明

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く