東芝情報システム株式会社

セキュリティソリューション

顔認証システムによる万引き・徘徊防止 「顔認証システム LYKAON」

顔認証システムによる万引き防止 「顔認証万引き防止システム LYKAON」

「顔認証万引き防止システム LYKAON」は、監視カメラで捉えた来店客の顔を検知し、あらかじめ「要注意人物」として登録済みの顔情報と照合します。その結果が一致した場合、店舗の関係者にアラートを自動通知することで、犯罪を防止することが可能なソリューションです。

顔認証万引き防止システム LYKAON

1
監視カメラが来店客を検知します。監視カメラが来店客を検知します。

2
顔情報を保存します。顔情報を保存します。

3
監視カメラが捉えた顔情報のうち、挙動不審、疑わしい行動をとる人物を要注意人物としてシステムに登録します。監視カメラが捉えた顔情報のうち、挙動不審、疑わしい行動をとる人物を要注意人物としてシステムに登録します。

4
監視カメラが捉えた人物と、登録済みの対象者の顔情報を照合します。監視カメラが捉えた人物と、登録済みの対象者の顔情報を照合します。

5
照合した結果、要注意人物本人であることが認証された場合、ただちに警告灯が点灯し、警戒態勢を促します。照合した結果、要注意人物本人であることが認証された場合、ただちに警告灯が点灯し、警戒態勢を促します。

「顔認証万引き防止システム LYKAON」の特長・メリット

要注意人物のによる犯行・迷惑行為の未然防止

「顔認証万引き防止システム LYKAON」は、防犯ゲートや防犯カメラといった従来の万引き発生後の対処とは異なり、万引き行為そのものを未然に防ぐことが可能なソリューションです。
要注意人物が来店したことがわかるため、万引き行為が発生する前に警戒、対策をとることで万引きを防ぐことが可能です。

従業員・スタッフの防犯意識の向上

これまでの受け身の防犯対策とは異なり、未然に万引き行為を防止するための対策を講じることができるため、従業員・スタッフが連携していくことで防犯意識が高まります。

離れていても早急に対処が可能

倉庫やオフィス、店外にいても要注意人物が来店したことがわかるため、店内スタッフと連携して早急に対処することが可能です。

「顔認証万引き防止システム LYKAON」の機能

来店客の顔情報検知・収集機能

システムと連動した監視カメラで店内を撮影し、来店客の静止画像を自動的に検知します。検知した顔情報は日時、画像とともにシステムに保存されます。

  • 監視カメラ1台につき最大10名まで検知可能です。
  • 1システムあたり監視カメラ4台まで対応可能です。
  • 保存可能な画像数はPCスペックに準じます。
  • 画像は最長で14日間保存されます。
要注意人物の登録機能

保存された顔情報から、要注意人物を登録します。

  • 自動保存された顔情報は日付・時間・写真別に一覧することができ、そこから要注意人物を判別して登録します。
  • 最大1,000名まで登録可能です。
  • 要注意人物として登録した情報は最長で180日間保存されます。(登録から150日経過後、PC画面上に「再登録」または「削除」のポップアップが自動表示されます。必要に応じて延長、削除が可能です。)
照合・アラート機能(警告灯)

監視カメラが捉えた来店客の顔情報と要注意人物を瞬時に照合します。要注意人物を検知した際は、警告灯が点灯し店内にいるスタッフに警戒を促します。

アラート機能(スマートフォン) *オプション機能

スマートフォンに対し要注意人物を検知したことを通知します。責任者が店舗に不在の場合でも要注意人物が来店していることがわかり、店内にいるスタッフと速やかに連携して対策をとることができます。

「顔認証万引き防止システム LYKAON」 取扱上の注意事項について

本製品は、必ず万引きがゼロになる、利益に繋がる、顔認証率100%という確約・効果保証は一切しておりません。

※ 上記注意事項を十分ご留意頂きますようお願い致します。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く