東芝情報システム株式会社

ITサービス管理・障害ITサービス管理・障害管理 「BMC Helix Remedyforce」 特長とメリット

「BMC Helix Remedyforce」 利用イメージ
「BMC Helix Remedyforce」 利用イメージ
「BMC Helix Remedyforce」 特長とメリット

ITサービス管理のベストプラクティス


ITIL®

メリットを受ける主なユーザー


  • 経営者


  • IT部門管理者


  • IT部門

インシデント管理、問題管理、変更管理、構成管理、リリース管理は、ITILのベストプラクティスに準拠しています。

迅速な対応によりエンドユーザーの満足度が向上し、生産性向上によるコスト削減が可能です。

また、効果的なプロセスの実施により、変更作業により発生するリスクを最小限に抑えることができます。

構成管理データベース (CMDB)

メリットを受ける主なユーザー


  • IT部門管理者


  • IT部門

ITアセット管理ツールとの連携により、常に構成管理データベース (CMDB) 内のアセット情報は最新の状態を維持しています。

トポロジービューでは、アセット間の関連性などを正確な構成データに基づいて管理することが可能となり、より優れた根本原因分析と影響分析を行うことができます。

トポロジービュー
トポロジービュー

ナレッジ管理

メリットを受ける主なユーザー


  • エンドユーザー


  • IT部門

ナレッジ記事を作成して、トラブルシューティングなどの情報をエンドユーザーと共有できます。

サービスカタログ

メリットを受ける主なユーザー


  • エンドユーザー


  • IT部門管理者


  • IT部門

エンドユーザーが受けることができるITサービスをあらかじめ定義しておくことによりサービスの標準化を促し、ユーザーとIT部門の業務効率化が促進されます。

セルフサービスポータル

メリットを受ける主なユーザー


  • エンドユーザー


  • IT部門

エンドユーザー専用のポータルで、ナレッジ情報の参照と、問合せの登録・参照サービスを提供します。

ユーザー自身による自己解決を促すことで、チケット件数が削減されます。

レポート & ダッシュボード

メリットを受ける主なユーザー


  • 経営者


  • IT部門管理者


  • IT部門

ヘルプデスクおよび ITアセット管理に必要なレポートやダッシュボードを提供します。

レポートとダッシュボードのカスタマイズは簡単に行うことができます。

「BMC Helix Remedyforce」 ダッシュボード
「BMC Helix Remedyforce」 ダッシュボード

Chatter によるコラボレーション

メリットを受ける主なユーザー


  • エンドユーザー


  • 開発担当


  • ベンダー


  • IT部門

Salesforce の Chatter® の投稿を通じて、スタッフはユーザーとコラボレーションしながらトラブルを解決することができます。

アンケート

メリットを受ける主なユーザー


  • エンドユーザー


  • IT部門

アンケートを簡単に作成、収集することができ、エンドユーザーの満足度を調査することができます。

モバイルアクセス

メリットを受ける主なユーザー


  • ベンダー


  • IT部門管理者


  • IT部門

「BMC Helix Remedyforce」モバイルアプリから、ステータスの確認、インシデントの送信、ナレッジ記事の確認などのセルフサービスポータルのサービスを利用することができます。

また、承認や Chatter への投稿も行うことができます。

コンフィグレーションによる操作性向上

メリットを受ける主なユーザー


  • IT部門

画面上の項目追加や、ワークフローの変更など、マウス操作だけで簡単に行うことができます。

運用にあわせてアプリケーションを柔軟に変更することができます。

セールスフォース・ドットコム社の基盤

メリットを受ける主なユーザー


  • IT部門

クラウド環境なので、ハードウェアやソフトウェアは必要ありません。

クラウド基盤として、「Force.com」プラットフォームを使用しているため、高いセキュリティと堅牢性を提供します。

サービスレベル管理

メリットを受ける主なユーザー


  • ベンダー


  • IT部門管理者


  • IT部門

契約、アグリーメント、サービス目標を使用してサービスのパフォーマンスを監視します。

複数のサービス目標を定義・監視しユーザーとIT部門のやり取りを合理化することでコストを管理し、安定したサービスを提供できるようになります。

エージェントレスディスカバリー

メリットを受ける主なユーザー


  • IT部門管理者


  • IT部門

指定したIPアドレスの範囲にあるコンピューターを自動検出します。

検出されたコンピューターは定期的に構成管理データベース(CMDB)のCIとして登録・更新されます。これによりインシデント対象のコンピューターの情報を確認することができます。

有償オプションではコンピューターの操作(サービス再起動など)やパッチ配布などをリモートで行うことができます。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く