東芝情報システム株式会社

特権ID管理ソリューション「iDoperation」 特長

IT統制・監査に最適。特権IDの運用とリスクの可視化を支援

特権ID管理に求められるすべての機能を提供します
「iDoperation」概要イメージ
「iDoperation」概要イメージ
自動化による管理工数の削減

iDoperation を利用することで、特権ID管理に関わる作業の多くを自動化できます。例えば、アクセスログと申請書の突合せ点検などの監査対応作業や、定期的なアカウント管理作業を自動化し、特権ID管理に関わるIT部門の管理工数削減が実現できます。

自動化による管理工数の削減
自動化による管理工数の削減

iDoperation のアピールポイント

監査への対応力と実績

豊富な監査実績
監査対応実績

iDoperation は、多くのお客様の監査事例をもとに製品改善を続け、数多くの監査に対し実績のある製品となります。豊富な監査レポートに加え、「監査人向け説明マニュアル」を用意しており、iDoperation を導入した企業が効率的に監査対応を行うことをサポートします。

製品のアップデートポリシー
製品のアップデートポリシー

iDoperation は、毎年のバージョンアップで、お客様の声を取り入れています。IT環境の変化や、法令・各種ガイドラインのアップデートに対応し、機能強化を続けています。監査対応に関わるお客様からの要望には最優先で対応します。

抜け漏れのない高いレポート品質
抜け漏れのない高いレポート品質

iDoperation は、管理対象システム(以下、ターゲット)から直接アクセスログを収集します。コンソールログインや、サーバからサーバへの多段アクセスなど。ゲートウェイでのみログを収集するツールでは点検が難しいアクセスも、iDoperation では点検ができます。

国内メーカーならではの長期サポート

iDoperationは、メジャーバージョン発売後10年間のサポートを提供します。

クライアント型とゲートウェイ型のハイブリッド構成をサポート

お客様の環境にあわせて、クライアント型とゲートウェイ型を組み合わせたハイブリッド構成で導入できます。例えば、ネットワーク変更が難しい社内ネットワークからの特権アクセスはクライアント側で制御し、外部委託先など社外からの特権アクセスはゲートウェイで制御するといった混在構成でも利用できます。

「iDoperation」ハイブリッド構成 イメージ
「iDoperation」ハイブリッド構成 イメージ

お客様ニーズに応じたライセンスを提供可能

ライセンスの種類

iDoperation のライセンスには、ライセンスの使用できる期間が異なる、永続的ライセンスと非永続的(サブスクリプション)ライセンスの2種類があります。お客様の導入計画や、使用する目的に合わせて、複数のライセンスプログラムを用意しています。

ライセンス体系

iDoperation を使用するためには、「① 使用する機能」と「② 管理するターゲット数」が必要となります。
ターゲット数とは、特権IDを管理する対象の数になります。
基本ターゲットはライセンスの期間と種類により、以下の4種類のライセンスが選択可能です。

  • 永久ライセンス(商用)
  • 永久ライセンス(検証)
  • 期間ライセンス(商用)
  • 期間ライセンス(営利利用)
「iDoperation」ライセンス体系
「iDoperation」ライセンス体系

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く