東芝情報システム株式会社

情報見える化・予測分析

スモールデータから始められる将来予測 「分析・予測支援サービス」

「分析・予測支援サービス」故障予測パッケージ

「故障予測パッケージ」は、故障予測モデルの生成・管理・故障予測判定を行うソフトウェアです。
機器に搭載されたセンサーから収集したデータを分析、異常を検知し、故障する時期を予測することにより、壊れる前に部品を交換することが可能となります。製造装置、医療機器など、その停止によるインパクトが大きいほど、その必要性は高まっています。
さらに、早期に部品を調達することが可能になるため、故障する可能性の低い部品等、無駄な在庫を抱える必要性がなくなります。

分析・予測支援サービスを活用した故障予測分析・予測支援サービスを活用した故障予測

「故障予測パッケージ」 構成例

故障予測パッケージ構成例故障予測パッケージ構成例

「故障予測パッケージ」 動作環境

動作環境*1

サーバー

ご利用いただくデータ分析エンジンの種類により、WindowsサーバーかLinuxサーバーのどちらか1台が必要となります。データ分析エンジンの種類はお打ち合わせの上、お客様に最適なエンジンを決定いたします。
また、Linuxサーバーをご利用で、かつリアルタイムモニタをご利用の場合、LinuxサーバーとWindowsサーバーがそれぞれ1台ずつ必要となります。

表は左右にスクロールできます
Windowsサーバー
CPU 1リアルタイム判定モデルあたり4スレッド必要
メモリ 最小32GB*2
HDD 最小100GB
OS Windows Server 2012(64bit)
Windows 7 Professional(64bit)*3
ミドルウェア Qlik Sense Server*4
表は左右にスクロールできます
Linuxサーバー
CPU 1リアルタイム判定モデルあたり4スレッド必要
メモリ 最小32GB*2
HDD 最小100GB
OS CentOS6.6/CDH5
ミドルウェア Apache Hadoop 2.6*5

クライアント

表は左右にスクロールできます
Windows PC
CPU 1リアルタイム判定モデルあたり4スレッド必要
メモリ 最小8GB*2
HDD 最小100GB
OS Windows 7 Professional(64bit)
ミドルウェア Qlik Sense Desktop*6

*1 お客様環境におけるハードウェアおよびソフトウェアは、お客様にてご用意いただきます。それぞれの保守/サポートにつきましては、各サポート会社にお問い合わせください。
ただし、リアルタイムモニタご利用時に必要となる Qlik Sense Serverにつきましては、同ライセンスを当社からお求めになられた場合、当社にて保守/サポートいたします。

*2 データサイズにより追加メモリが必要な場合があります。

*3 リアルタイムモニタをご利用の場合、Windows 7 Professionalをご利用できません。Windows Server 2012(64ビット)をご用意ください。

*4 リアルタイムモニタをご利用の場合、必要となります。当社の「Qlik Sense Server 構築サービス」にて導入いたします。

*5 最小1ノード、最大5ノードまでとなります。

*6 リアルタイムモニタをご利用の場合、必要となります。お客様にてアプリケーションのダウンロード及びインストールを実施いただきます。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く