東芝情報システム株式会社

情報見える化・予測分析

スモールデータから始められる将来予測 「分析・予測支援サービス」

スモールデータから始められる将来予測「分析・予測支援サービス」 概要

初期導入費抑え高度分析実現

ビジネスを取り巻く環境の変動は激しく、複雑化・多様化がますます進む中、企業にとってビッグデータの利活用は経営の重要な課題であり、データ分析力が企業競争力を決めるとまで言われています。 機械学習を活用したデータ分析は、企業の新たな価値を創造し競争力を高める手段として非常に有効となります。

当社では、さまざまなセンサーから収集したデータを用いた故障予測、製造ラインでの不良解析、製品の品質のバラつきによる異常検知や、販売における需要予測等のデータ分析サービスを提供しています。

故障予測パッケージ

各種センサーから収集したデータを分析して故障を事前に察知することにより、稼働率向上、サービスの向上、部材の在庫管理の適正化を図ります。

分析・予測支援サービスで事前に故障を予測分析・予測支援サービスで事前に故障を予測

故障予測パッケージ (不良解析機能)

ライン生産方式を導入されているお客様の故障事象に対し、各種パラメータの影響度 (パラメータの重要度とパラメータ間の関係性) を当社ノウハウを用いて評価し、最適な故障予測モデルを生成します。

あらかじめエラーが発生するパターンを学習することで、これからエラーが発生する製品を事前に検出します。 早期にエラー品を取り除くことで歩留まりの改善が図れ、製造工程における大幅なコスト削減が可能となります。

製造ラインの不良検知製造ラインの不良検知

故障予測パッケージ (異常検知機能) 2016年12月リリース予定

通常と異なる性質のデータを検出します。 これにより故障が少ないデータであっても「いつもと違う何か」を検知することができます。 一般市場品など故障が少ない製品状態監視等に活用できます。

通常時の範囲から大きく外れたデータを検出し、将来発生し得る故障を予測通常時の範囲から大きく外れたデータを検出し、将来発生し得る故障を予測

IoT×機械学習による高精度プラントモデル作成サービス

IoTと機械学習による活用例として、モデルベース開発におけるプラントモデルの高精度化、およびプラントモデル作成のコスト削減と期間短縮を実現します。

機械学習によるモデル作成で高精度化
機械学習によるモデル作成で高精度化

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く