東芝情報システム株式会社

「分析・予測支援サービス」導入事例

学校法人 産業医科大学 様

スモールデータから始められる将来予測「分析・予測支援サービス」

産業医科大学 (北九州市) の藤木教授および中田教授の研究チームでは、「快適な労働環境とそこで働く労働者の健康維持・増進の実現のためのデータサイエンス技術の応用」をテーマとした実証研究を行っている。

産業医科大学は、(公財)北九州産業学術推進機構が実施する科学技術振興機構「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点 (リサーチコンプレックス) 推進プログラム」の FS (フィージビリティスタディ、プロジェクトの実現可能性を事前に調査・検討すること) 事業に参加しており、この研究の中心となる検証では、センサを介して取得した大量の生体データなどをデータサイエンス技術を応用して分析しようとする試みが進められている。

事例詳細を読む

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く