東芝情報システム株式会社

ファイル暗号化・追跡ソリューション FinalCode 製品エディション

FinalCode

目次

ニーズに合わせて柔軟に選択可能

FinalCode は、お客様のご利用ニーズに合わせて、複数の Edition からご選択いただけます。

また、導入形態は「SaaS (クラウド版)」と「VA (Virtual Appliance オンプレミス版)」をご用意しており、「SaaS (クラウド版)」でスモールスタートし、運用状況を評価した後で、「VA (Virtual Appliance オンプレミス版)」で全社展開という導入シナリオを組むこともできます。

取引先や委託先など、企業・団体外の閲覧するだけのユーザーは無償

FinalCode を使用する「企業・団体内」ユーザー数分[1]のライセンスをご購入ください。暗号化ファイルを閲覧するだけの「企業・団体外」ユーザー[2]には、費用はかかりません。

  • [1] 主管理者が管理画面にて登録したドメインを持つメールアドレスのユーザー。
    当該ドメインを持つメールアドレスを用いて認証する FinalCode ユーザーは、「企業・団体内ユーザー」として FinalCode に登録されていないと、同「企業・団体内ユーザー」が作成した FinalCode ファイルを閲覧することができません。

  • [2] FinalCode に登録されたドメインと異なるドメインのメールアドレスを持つユーザーです。

製品ラインアップ

  • FinalCode Express Edition

    機密も社員もしっかり守る。
    組み合わせ自在のファイルセキュリティ。

    IRM 製品の基本機能 (個別ファイルの暗号化/ローカルフォルダーの自動暗号化) を、1ライセンスあたり月額1,000円 (税別) でご利用いただけます。 基本機能以外の様々な機能は、有償オプションとして追加購入が可能です。

  • FinalCode Business Edition

    暗号化/ログ管理/リモート権限変更・削除といった基本 IRM 機能と、クライアントからのフォルダー自動暗号化によるユーザビリティを実現します。

  • FinalCode Enterprise Edition

    Business Edition の機能に加え、共有フォルダーの自動暗号化に特化したモジュールと、全社・大規模での運用に必要な管理機能を提供します。

  • FinalCode 自治体限定版

    「FinalCode 自治体限定版」は、都道府県庁、市役所、町村役場をはじめとする公共団体様向けに、特に団体内のファイルを守ることに特化した IRM 製品として、FinalCode の機能をシンプルにしたものです。

    共有ファイルサーバー内のフォルダーに格納したファイルは自動的に FinalCode で暗号化されます。ファイルが組織外に流出した場合でも、職員以外には閲覧権限が与えられていないため閲覧することができず、情報漏洩を防ぐことができます。

製品エディション

  FinalCode Ver.5
Express Edition
FinalCode Ver.5
Business Edition
FinalCode Ver.5
Enterprise Edition
  有償オプション
大規模運用機能[1]
社内のファイル管理に特化、基本機能以外の様々な機能は、有償オプションとして追加購入が可能 暗号化/ログ管理/リモート権限変更・削除といった基本 IRM 機能と、クライアントからのフォルダー自動暗号化によるユーザビリティを実現 Business Edition の機能に加え、共有フォルダーの自動暗号化に特化したモジュールと、全社・大規模での運用に必要な管理機能を提供
導入形態 SaaS (クラウド版) /
VA (オンプレミス版)
SaaS (クラウド版) SaaS (クラウド版) /
VA (オンプレミス版)
使用料 ¥1,000/ライセンス/月 <年間契約>
有償オプション 大規模運用機能 [1] は ¥1,500/ライセンス/月 <年間契約>
¥2,000/ライセンス/月 <年間契約> お問い合わせください
最低購入ライセンス 10ライセンス 50ライセンス
購入ライセンス単位 1ライセンス
必要ライセンス数 FinalCode を利用する「企業・団体ユーザー」数分
1ファイルに設定可能な権限セット数 2権限セット/ファイル 5権限セット/ファイル 2権限セット/ファイル 5権限セット/ファイル
1ファイルに設定可能な閲覧者数上限値[2] 50メールアドレス/権限セット 100メールアドレス/権限セット 50メールアドレス/権限セット 100メールアドレス/権限セット
組織階層数の上限値 1階層 10階層 10階層
利用できるユーザータイプ 7種類の基本ユーザータイプ[3]から選択 7種類の基本ユーザータイプ[3]から選択 (自由にカスタマイズ可能) 7種類の基本ユーザータイプ[3]から選択 7種類の基本ユーザータイプ[3]から選択 (自由にカスタマイズが可能)
ローカルフォルダー自動暗号化機能[4]
(最大5フォルダー)
AD 連携
IP 制限設定[5]
デバイス制限設定[6]
システムログ出力[7]
FinalCode API 有償オプション (¥2,000,000/年)
共有フォルダー自動暗号化機能 有償オプション[1] (¥500/ライセンス/月) <年間契約>
削除・不正通知機能 有償オプション[1] (¥600/ライセンス/月) <年間契約>
Box 連携機能[8] 有償オプション (¥300/ライセンス/月) <年間契約> SaaS のみ
CAD ファイル暗号化・閲覧[8] 有償オプション (¥500/ライセンス/月) <年間契約>
オフライン閲覧機能[9] 有償オプション (¥500,000/年)
  • [1] 「FinalCode Ver.5 Express Edition」のユーザー数と同数をご購入ください。

  • [2] ドメインやメーリングリスト等で閲覧者を指定した場合は、当該ドメイン、メールリングリストを1とカウントします。

  • [3] 管理者、監査者、標準ユーザー、制限ユーザー、閲覧ユーザー、システム管理、ユーザー管理

  • [4] ネットワークドライブを割り当てることにより、当該ネットワークドライブ下のフォルダーについて自動暗号化設定が可能です。ご利用にあたっては詳細な仕様をご確認ください。

  • [5] 暗号化ファイルを閲覧できるデバイスの IP アドレスを制限することができる機能です。

  • [6] 「FinalCode Client/Reader」を利用できるデバイスを、そのデバイスの OS の種別および MAC アドレスから指定できる機能です。

  • [7] Common Event Format (CEF) 形式のログを出力できる機能です。

  • [8] 1ライセンスからご購入いただけます。利用されるユーザー数分をご購入ください。

  • [9] 「Box 連携機能」で暗号化されたファイルについては、本機能をご利用いただけません。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く