東芝情報システム株式会社

オフィスセキュリティソリューション

セキュリティソリューション

エンタープライズ向け指紋認証ソリューション EVE FA

エンタープライズ向け指紋認証ソリューション EVE FA 概要

ロゴ - エンタープライズ向け指紋認証ソリューション EVE FA

煩雑パスワード管理指紋認証解消
企業情報システム情報漏えい脅威から守ります

エンタープライズ向け指紋認証ソリューション EVE FA (イブ・エフエー) は、企業情報システムに指紋認証機能を提供するソリューションです。 煩雑になりがちなパスワード管理を指紋認証で解消するとともに、企業情報システムを情報漏えいの脅威から守ります。

多くの企業情報システムは ID/パスワード認証を採用していますが、これが企業システムの脆弱性となることが指摘されています。 ID/パスワードの流失や「なりすまし」による不正アクセスなど、多くの事案が報告されています。 エンタープライズ向け指紋認証ソリューション EVE FA を導入することで、この問題を解決することができます。

「EVE FA」導入のメリット

  • セキュアでユーザビリティに優れた ID 管理:

    企業システムの多様化に伴い、個人で複数のシステムアカウントを所持するケースが増加傾向にあります。 これに伴い、システム利用者のアカウント管理が複雑化してきています。

    指紋は世界で一意の情報です。 これを認証に利用することで、システム利用者の生産性を損なうことなく、オンリーワンな認証を実現します。

  • なりすまし防止:

    ユーザーID/パスワード、IC カードによる本人認証では、もし盗用された場合に情報が外部に漏れてしまうリスクがあります。

    指紋認証を本人認証に利用することで、盗難や紛失による情報漏えいのリスクが大幅に軽減できます。

  • 内部統制:

    不正アクセスによる情報漏えいを防止するためには、利用者を厳密に特定し管理する必要があります。

    不祥事を未然に防ぐためには、指紋認証による本人確認とアクセスログを管理することが必要です。

  • SSO (Single Sign-On) 対応

    企業情報システムでは、企業内で複数のシステムが稼働していることが多く、それぞれのシステムを利用する際に、システムへのログオンが必要となります。 それぞれのログオン認証は、利用者にとって煩雑であると同時に、システムにとってもセキュリティー上の弱点となり得ます。

    EVE FA は、SSO (Single Sign-On) 対応しているため、これらの問題を解決します。 利用者は、一度の指紋認証により、企業内で稼働中の複数のシステムが利用できるようになります。 また、同時に、企業内で稼働する複数のシステムのアカウント管理を SSO で一元化することができるため、システムのセキュリティーレベルを確保することができます。

「EVE FA」の利用シーン

官公庁/自治体

官公庁/自治体における EVE FA 利用シーン:

  • 職員認証ポータルサイト

  • 窓口端末

近年、官公庁・自治体に対しても情報漏えいを防ぐための施策が強く求められています。

職員認証ポータルサイトへのアクセスや窓口端末へのログオンなど個人情報にアクセス可能な入口部分に対し、なりすましのできない指紋認証を導入することで強固なセキュリティ対策を施すことができます。

学校

学校における EVE FA 利用シーン:

  • 教職員の端末ログオン

  • 学生向け情報センター PC への端末ログオン

教職員の端末ログオンや、学生向け情報センター PC への端末ログオンなど、規模を問わず導入が可能です。

ユーザーのパスワード管理の煩雑化対策として、指紋認証という強力で簡易な認証を使用することで、システムへのアクセスが容易になります。 また、パスワード失念による管理者の稼働も軽減することが可能です。

金融

金融における EVE FA 利用シーン:

  • 端末ログオン

  • ポータルサイトへのログイン

  • 窓口端末の代理人認証ログイン

端末ログオンやポータルサイトへのログイン、および窓口端末の代理人認証ログインなど、クリティカルな機密情報を守るために万全なセキュリティ対策が必須となる金融業界において、「指紋 + パスワード」認証などの二要素認証を利用することで、セキュリティ強度を上げることができます。

医療

医療における EVE FA 利用シーン:

  • 電子カルテ

電子カルテの導入など紙媒体から電子媒体への転換が進んでおり、個人情報へのアクセスでの認証が課題となります。

管理負担が大きなユーザーID/パスワードによる運用から指紋認証へ置き換えることで、よりセキュアになり、管理者、ユーザーともに負担が軽減されます。

製造

製造における EVE FA 利用シーン:

  • 設計データや生産管理データなどを扱うシステム

設計データや生産管理データなど機密性の高い情報を扱うことからセキュリティ対策も課題になります。

指紋認証を導入することで、そのデータに対して、誰が、いつアクセスしたのかなどの個人の特定がしやすくなり、持ち出し防止にも利用できます。

通信/IT

通信/IT における EVE FA 利用シーン:

  • コールセンター業務

ユーザー情報や企業にとって機微な情報が蓄積されるコールセンター業務などでは、担当者の入れ替わりも少なくなく、そのため一元管理されたセキュアな認証システムが必要不可欠です。

独自に構築された既存システムに対しても、本ソリューションを統合することで、より強固なセキュリティを実現することが可能です。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く