東芝情報システム株式会社

エンドポイントセキュリティ管理ツール「dynaCloud iSM powerd by ISM CloudOne」無償提供キャンペーン

在宅勤務のPCを守る「クラウド型IT資産管理ツール」
新型コロナウイルス感染防止のための新しい生活様式にむけたテレワーク対策に60日間無償提供

無償提供機能

基本機能

  • 外部デバイス制御機能
  • 操作ログ収集機能
  • URLフィルタリング機能

「PC稼働ログ」、
「デバイス書き出しログ」のみ

無償提供期間
ご登録から60日間
ご利用可能
です。
無償提供のご登録期限
2020年7月末日までご登録を受け付けいたします。

ご登録が3,000台に達しましたら終了とさせていただきます。

新型コロナウイルス(COVID-19)対策で在宅勤務(テレワーク)が急速に進んでいますが、テレワークで使用するPCにおいてもサイバー攻撃や情報漏えい、紛失・盗難などのセキュリティ対策が必要になります。

新型コロナウイルス対策で混乱する中、社内PCのセキュリティ対策は万全でも、テレワーク用のPCまで対策が行き届かないといった声を多く耳にします。この声に応えるため、東芝情報システムでは「クラウド型IT資産管理ツール dynaCloud iSM」を2020年7月末まで無償提供することにしました。

「クラウド型IT資産管理ツール dynaCloud iSM」の導入により、テレワークで使用するPCに対しても以下のセキュリティ対策が可能になります。

Winodws 10の脆弱性パッチプログラムの適用

PCの脆弱性診断からWindows 10のセキュリティ更新プログラム未適用PCを発見してパッチプログラムを適用します。

BitLockerによるPCのハードディスク暗号化

ディスク暗号化(BitLocker)未適用のPCを発見、発見したPCに対してBitLockerの暗号化を設定します。OSなどのシステム領域、デスクトップなどのデータ領域を含めハードディスク全体を暗号化、紛失・盗難における情報漏えいリスクを防ぎます。

アンチウイルスソフトの定義ファイル更新の把握

テレワークで使用しているPCに適用されているアンチウイルスの定義ファイル情報を把握、新定義ファイルが未適用の場合は定義ファイルの更新を行います。

外部デバイス利用停止(USBやスマホへの情報コピー防止)

USBなどを使った外部デバイス利用可否を確認します。
情報流出につながる外部デバイスを選んでファイル書出しを禁止できます。
デバイスの種類ごとに制御方法を設定。テレワークPCをグループ化してポリシーを設定することもできます。

テレワーク中の操作ログ収集による勤怠状況把握

PCの起動/終了時間、ログイン/ログアウトといった稼働操作ログ取得により、テレワークPCの実稼働時間を記録することができます。
またポリシーで禁止している業務時間外のPC利用操作を行った場合はアラートとして通知することもできます。

URLフィルタリング(Webページへのアクセス制限)

有害なサイト、または業務上必要のないサイトへのアクセス、表示を遮断します。

「dynaCloud iSM powerd by ISM CloudOne」
無償提供キャンペーンお申し込み

無償提供キャンペーンをご利用希望の方は、以下のボタンからお申し込みください。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く