東芝情報システム株式会社

マイナンバー対応トータル・ソリューション オフィスセキュリティソリューション クラウドサービス

セキュリティソリューション

電子ファイル暗号・追跡サービス dynaCloud FileSecurity powered by FinalCode

dynaCloud FileSecurity 機能

電子ファイル暗号・追跡サービス dynaCloud FileSecurity powered by FinalCode - 「dynaCloud FileSecurity」なら、ここまでできる

IRM (Information Rights Management, 情報の権利を管理する) は、文書ファイルなどを暗号化し、閲覧・編集・印刷などを管理・制限したり、操作履歴を記録したりすることですが、一般的には、そのためのソフトウェアやソフトウェアの機能のことを指します。 組織における高機密情報・非公開情報などの制御と配布管理のポリシーを守るために、IRM を利用します。

電子ファイル暗号・追跡サービス dynaCloud FileSecurity powered by FinalCode」 (以下、「dynaCloud FileSecurity」) は、一般的な IRM が提供する「 1. ファイルを守る 」機能、「 2. ファイルを追跡する 」機能に加えて、「 3. ファイルを「あとから」消去する 」機能を提供しています。

3大機能 - dynaCloud FileSecurity

1. ファイルを守る

一般的なパスワードロックは、ファイルを不正入手から守ることができます。 しかし、ファイルが意図した相手に渡った後は、相手の管理に任せることになるため、そこから情報が流出する恐れがあります。

作成したファイルに様々な権限を付けて守る:
「dynaCloud FileSecurity」は、作成したファイルに様々な権限を設定することができます。 この権限により、あらかじめ登録した人や端末でしか閲覧できないようにするなどの制限をつけることが可能です。

「ファイルを守る」機能:

  • パスワードレス
  • 開封者指定
  • 期間・回数指定
  • 印刷・編集制御
  • 不正時自動削除
  • 印刷透かし設定

2. ファイルを追跡する

手元を離れたファイルは制御不可能になり、コピーなどで誰が保有してるかも分からなくなってしまいます。 このため、情報漏えいのリスクが増加します。

手元を離れたファイルをリアルタイムで追跡:

「dynaCloud FileSecurity」では、管理下にあるファイルのアクセスに関するログを採取しています。 このため、ファイルが手元を離れてもリアルタイムで追跡することが可能です。

アクセスログが採取できる情報の例: いつ, だれが, どのファイルに, 何をしたか

「ファイルを追跡する」機能:

  • アクセスログ
  • 操作ログ
  • 不正閲覧検知

3. ファイルを「あとから」消去する

業務委託が終了し、委託先からファイルの廃棄証明を受領しても、そのファイルが本当に削除されたのかを確認することは、実際には不可能です。

リモートでファイルを消去:
「dynaCloud FileSecurity」では、委託会社などの提供先にファイルを渡した「あと」も追跡して記録しているため、業務委託が終了したときにリモートでファイルを消去できます。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く