東芝情報システム株式会社

マイナンバー対応トータル・ソリューション オフィスセキュリティソリューション クラウドサービス

セキュリティソリューション

電子ファイル暗号・追跡サービス dynaCloud FileSecurity powered by FinalCode

dynaCloud FileSecurity 特長

指定した人やグループしか閲覧できず、
アクセス履歴が追える
いざとなれば、
あとからでも「消せる」ファイルセキュリティ

電子ファイル暗号・追跡サービス dynaCloud FileSecurity powered by FinalCode - 「dynaCloud FileSecurity」の仕組み「dynaCloud FileSecurity」の仕組み

「電子ファイル暗号・追跡サービス dynaCloud FileSecurity powered by FinalCode」 (以下、「dynaCloud FileSecurity」は、「Client」と「Server」 (クラウド) で構成されています。

「Client」と「Server」 (クラウド) の構成:

  • Client: PC (パソコン) 側で動作します。 ファイルの暗号化と閲覧機能を提供します。
  • Server: クラウド側で動作します。 ファイルの権限情報、認証情報などを管理します。

暗号化ファイルの閲覧権限者、ファイルへのアクセス権限などは、全て Server と Client の間で管理されます。 このため、ユーザーは権限を意識することなく、強固な暗号化ファイルを利用できます。

閲覧するだけの社外ユーザーにも「Client」のインストールとユーザー登録が必要ですが、費用はかかりません。

フォルダー自動暗号化

「dynaCloud FileSecurity」では、ファイルを自動的に暗号化する「ローカルフォルダー自動暗号化機能」をご利用いただけます。
「ローカルフォルダー自動暗号化機能」では、ユーザーがよく使用する権限テンプレートをフォルダーに割り当てておきます。
この権限テンプレートに従って、フォルダーにファイルを置くだけで、自動的にユーザーの権限が割り当てられます。ファイル提供者はパスワードロックよりもストレスのない操作感で暗号化を行うことができます。

フォルダー自動暗号化

※「ネットワークドライブの割り当て」を行うことで、ネットワーク上のフォルダーの自動暗号化設定を行うことも可能です。

個人のPCでも自動暗号化●個人のPCでも自動暗号化

さらに、Enterpriseエディションでは、ファイルサーバーの共有フォルダーを自動暗号化フォルダーとしてご利用いただけます。
あらかじめ企業・団体のセキュリティポリシーに準拠した権限テンプレートを作成しそれを利用することで、全組織にセキュリティポリシーを浸透させることができます。

共有フォルダ自動暗号化●共有フォルダ自動暗号化

管理者権限の集約と分散

権限の設定を行う際、組織階層を定義することが可能になりました。
例えば、事業部のセキュリティポリシーを配下の部や課に継承でき、情報セキュリティ責任者による統制を支援します。
ユーザー権限設定が自由になったので、環境にあった運用ができます。

管理者権限の集約と分散

※ 組織階層の最大数は、Enterpriseエディションで10階層まで、Businessエディションで1階層までとなります。

管理者権限を集約し、シンプルに運用

管理者権限をシステム担当に集約し、ユーザーは決められたテンプレートまたは自動暗号化フォルダーで暗号化するだけで、セキュリティポリシーに則ったファイルの取り扱いができます。
これによって、従来の業務をほとんど変えることのないシンプル運用を可能としています。

管理者権限を集約し、シンプルに運用

管理者権限の委譲により、組織ごとに最適な運用を

管理者権限を各組織の担当者に付与し、管理者を複数に分散できます。
これによって、それぞれの組織の業務特性を考慮しながら、部・課ごとに適切なセキュリティポリシーを適用して運用することもできます。

管理者権限の委譲により、組織ごとに最適な運用を

AD/LDAP連携で「簡単な運用」

メーリングリストやOU・セキュリティグループを、閲覧者として指定することができます。これによって、ユーザーの異動・退職時等にAD/LDAPを更新すれば、「dynaCloud FileSecurity」に自動的に反映されます。こうした連携機能により、大規模導入の場合も手間をかけずに運用できます。

AD/LDAP連携で「簡単な運用」

オフライン環境でも閲覧可能(オプション)

工事や建設の現場、飛行機での移動中など、インターネット環境がない場所でも、パスワードレスで暗号化ファイルを開けるように設定できます。また、オンラインと同様にIRM 制御を行うことができます。

※ オフライン環境下での操作ログは、受信者がオンライン環境に戻った後にサーバーに送信されます。 オフライン時に行われた権限変更やリモート削除処理は、その後、受信者がオンライン環境下でファイル閲覧をしたタイミングで適用されます。

オフライン環境でも閲覧可能(オプション)

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く