東芝情報システム株式会社

クラウドサービス 人事・総務

ERP

クラウド対応型 勤怠管理 dynaCloud 勤怠Navi

クラウド対応型 勤怠管理 dynaCloud 勤怠 Navi 概要

自動計算と一元管理で業務効率アップ
クラウド対応型 勤怠管理
dynaCloud 勤怠 Navi

dynaCloud 勤怠 Navi は、複雑な労働時間の自動計算をはじめとして、総労働時間、出退勤時刻、残業時間、深夜勤務時間、休日労働時間を個別に把握できるだけでなく、変形労働制度、36協定への対応など、複雑な処理にも対応しています。複数事業所の勤怠情報を一元管理できるので、簡単便利にご利用いただけます。

dynaCloud 勤怠 Navi の導入メリット

dynaCloud 勤怠 Navi を導入すると、勤怠管理の煩わしい処理がなくなり、業務効率を改善できます。
各種マスターを登録すると、その日から利用可能です。

導入について

初期費用0円

クラウド上にシステム環境が用意されているため、サーバやソフトウェアを用意する必要はありません。

集計時間0時間

リアルタイムで自動計算されるため、集計にかけていた時間を別の業務に使えます。

月額コストがたったの300円

人数×300円(税別)/月で勤怠管理をはじめることができます。

dynaCloud 勤怠 Navi の5つの特長

1.タイムカードの集計作業が不要

打刻された勤怠データが自動計算されるので、手動でのタイムカードの集計作業から解放されます。
勤怠をクラウドで一元管理するため、PC から簡単に時刻を入力でき、必要な情報を欲しい人が欲しい時に簡単に出力できます。

2.初期費用0円、クラウドだから低コスト

クラウド上のシステムを利用するためサーバーの費用は必要ありません。
ブラウザ対応なので特別なソフトをインストールする必要もありません。 初期費用が0円で導入も簡単です。

3.シンプルな画面設計で、だれでも簡単操作

従業員画面も管理者画面もシンプル設計、操作のミスを軽減できます。
また、入力に矛盾があると警告メッセージが表示されるので、すぐに対応でき安心です。

4.36協定支援機能

リアルタイムに管理ができるので勤務時間を的確に把握できます。
労働基準に準拠した残業管理・休暇管理も確認できます。

5.各種入力機器にも対応

入力は PCだけでなく、 FeliCa カードによる打刻(オプション) 、スマートフォン (予定) など用途に応じた入力機器が対応できます。

dynaCloud 勤怠 Navi の利用シーン

利用シーン

Felica カードなどICカードも利用可能(オプション)

PC を共有している場合でも、Felica カードとリーダを組み合わせることで時刻入力操作が簡単になります。

USB 対応の PC にリーダー PaSoRi (パソリ) を接続することで FeliCa カードで打刻することができます。交通系のカードでも利用可能な場合があります。下記のお問い合わせから、お気軽にご相談ください。

オプション

FAQをみる

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く