東芝情報システム株式会社

データ・プロテクション

データと情報の保護/管理をひとつの製品で「CommVault」

Commvault 活用例

Commvault を利用した活用例をご紹介します。

活用例1 バックアップ/アーカイブ/レポーティングの統合管理

ニーズ・課題

  • アプリケーションデータ管理
  • ストレージ利用の効率化とコスト削減

ソリューション・効果

  • Commvaultは重複排除とアーカイブ機能を組み合わせて使用することによりMS-ExchangeやSharePoint等のデータを容量を抑制しつつ長期間管理することが可能です。また、アーカイブしたメールはCommvaultのコンソールから全文検索により容易に確認することができ、1通だけ指定して復元することが可能です。
  • Commvaultの重複排除機能を用いてストレージ上のデータ容量を最大98%削減することが可能です。また、使用頻度の低いファイルを安価なストレージやテープに自動的にアーカイブする機能を使用しストレージの統廃合を行うことで、ストレージへの投資を抑えることが可能です。

活用例

導入のポイント

バックアップ / アーカイブの統合管理

ビジネスコンプライアンスに応じた情報の保持、保管、分類、アクセスを実現

リソースを最大限利用し、TCOを削減

同じリソースでより多くのデータを効率よく保持できすぐれたTCOを実現

活用例2 ヘルスケア向けデータ管理

ニーズ・課題

  • 膨大な医療データの管理と法令準拠の長期間保存の実現
  • バックアップ運用の効率化と信頼性の確保

ソリューション・効果

  • Commvaultは、EMR(電子カルテ)からPACS(医療用画像管理システム)データまで、臨床環境全体をサポートしており、すべてのハードウェア、OSプラットフォームでご利用いただけます。
  • データは、eディスカバリやコンプライアンス要件を満たすようCommvaultの仮想レポジトリに格納されインデックス化されています。これにより、組織は、様々なベンダーからの既存のPACSデータすべてを検索することが可能となり、コンプライアンスや調査に役立ちます。

活用例

導入のポイント

医療データの統合化

Commvaultにより、単一コンソールでのセキュアなバックアップ、アーカイブを実現

PACSデータの管理

PACSベンダーに依存することなくデータ管理でき高速にアクセスが可能

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く