東芝情報システム株式会社

クラウド対応 IT サービス管理 「BMC Remedyforce」 概要

クラウド対応 IT サービス管理 「BMC Remedyforce」

ビジネススピードニーズ対応するための IT 運用管理プロセスクラウド提供

ビジネスの高速な革新にあわせ、IT サービス部門には、人、チーム、部門の垣根を越えた、柔軟性のある直感的なサービス提供が求められています。

BMC Remedyforce (ビーエムシー・レメディーフォース) は、近代的かつ包括的で使いやすい IT サービス管理をクラウドサービスで展開します。

ITIL® のベストプラクティスを基準としたプロセスを実行することにより、チケット解決スピードが向上し、リスクが軽減され、コンプライアンスやガバナンスが強化されます。

また、クラウドならではのメリットである設備投資不要やメンテナンスの簡便さに加え、定期的なアプリケーションのアップグレードにより、常に先進的なサービスを受けることができます。

「BMC Remedyforce」の特長

  • 作業状況をリアルタイムに把握可能

  • 強力な分析・報告レポート機能

  • 最短導入は2週間から可能

  • ITIL によるベストプラクティスな対応

企業の課題

  • IT 部門によって対応プロセスがバラバラ。

    • IT 部門それぞれの仕組みで運用しているので、広範囲な問題に対応困難。

  • レポート作成に時間がかり、分析できない。

    • レポート作成・分析に時間がかかり、リアルタイムに活用されていない。

  • 運用を通じてユーザがほしい情報を収集したい。

    • エンドユーザとコミュニケーションが取りづらく、何を求めているのかがわからない。

      情報が共有されておらず、対応に時間がかかり、進捗状況の把握も困難。

  • 導入・運用コストが心配。

    • 運用管理システムを構築するためのハードウェア・ソフトウェア費用が高額。

↑ページトップへ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190

受付時間:9:00~17:45
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く