東芝情報システム株式会社

運用管理・ITSM

エージェントレス IT資産情報収集・分析 「BMC Discovery」

エージェントレス IT 資産情報収集・分析 「BMC Discovery」 特長

BMC Partner - 東芝情報システムは BMC のパートナーです

「BMC Discovery」は、データセンターにおける IT インフラ管理者の作業を大幅に軽減するための特長をいくつも備えています。

「BMC Discovery」は、本システムの導入自体が非常に簡単になっています。 また、管理対象サーバーにソフトウェアをインストールする必要もありません。

「BMC Discovery」は、IT インフラで必要とされる様々な管理項目に対し、「すばやく」「正確に」「効率よく」情報を提供し、現状把握と問題解決までの時間を大幅に削減します。

仮想アプライアンスによるエージェントレス検出

「BMC Discovery」は「仮想アプライアンス」で提供します。 このため、「BMC Discovery」を利用するための、OS やソフトウェアのセットアップが不要です。

また、「BMC Discovery」はエージェントレスで動作します。 サーバーにソフトウェアをインストールする必要が無いため、非常に短時間で IT 資産情報の収集を開始することができます。

IT サービス管理の強化

  • サービス管理 - 障害を迅速に分析:

    「BMC Discovery」を利用することで、障害発生時における根本的原因を迅速に分析できます。

    これにより、サービス停止時間を最小化します。

  • 運用管理 - ストレージ、仮想マシン、ハードウェア、ソフトウェアの効率化:

    「BMC Discovery」を利用することで、ストレージと仮想マシンを最適化することができます。

    この最適化により発生する使用されていないハードウェアやソフトウェアを解放することで、ライセンスや保守コストを回収することができます。

  • アプリケーション管理 - コンプライアンスの遵守:

    「BMC Discovery」を利用することで、アプリケーションの問題点を洗い出すことができます。

    これにより、監査実施前にリスク対策を講じて、速やかなコンプライアンスの遵守を実現することができます。 また、監査対策にかかる時間とコストも削減することができます。

  • セキュリティー管理 - サーバーの利用状況を把握:

    「BMC Discovery」を利用することで、サーバーの利用状況を把握することができます。

    使用されていないサーバーや古くなったりしたサーバーはバックドアとなる可能性があります。 このため、セキュリティー対策としてこれらのサーバーを取り除くことが必要となります。 さらに、不正侵入の脅威がビジネスに与える影響度も把握できます。

ダッシュボード - IT 資産情報の可視化

ベースライン ダッシュボード - エージェントレス IT 資産情報収集・分析 「BMC Discovery」

ベースライン ダッシュボード

「BMC Discovery」のダッシュボードにより、収集した IT 資産全体の情報を可視化することができます。

さらに、ダッシュボードは直感的なユーザーインターフェイスを提供しているため、管理者は簡単な操作で様々な情報を把握することができます。 たとえば、ダッシュボードはドリルダウン機能も提供します。 ドリルダウンによりダッシュボードに表示されているグラフから、個別サーバー情報・サーバー詳細情報まで詳細に把握することができます。

↑ページトップへ

ご質問・資料請求・見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

電話番号044-246-8190 受付時間:9:00~17:30
但し、土曜・日曜・祝日および当社休業日を除く